pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

9/21(thu) の街ブラはクアラルンプール最大のビジネス街KLCC(クアラルンプールシティセンター)にある
ペトロナスツインタワーへ行ってみた

20170921ツインタワー1
ホテルのあるブキッ・ビンタン地区からKLCCまでは空中遊歩道ウォークウェイで繋がっていて歩いて15ほど

20170921ツインタワー2
高さ452mのペトロナス・ツインタワーはKLの近代化を象徴するシンボル的建物

20170921ツインタワー4
日本と韓国の建設会社が一棟ずつ建造し、建設中に韓国側のタワーが傾きかけ
それを支える為、間にあるスカイブリッジを結んだとか・・

20170921ツインタワー3
ツインタワーの南側は広大なKLCC公園となっていて地元ッティの憩いの場でもあります

20170921ツインタワー5
ここで写真を撮っていると地元ッティがスマホのカメラに付ける広角レンズを売り込んできて
メッチャ上手いセールストークで思わず買ってしまった(*^▽^*)RM40 バッチリ撮れてる^^

20170921ツインタワー6
ペトロナス・ツインタワーの下はスリアKLCCというショッピングセンター

20170921ツインタワー7
ツインタワーの北側に出るとこちらが正面入り口でKLCCの鉄道駅とバス停がある

20170921KLCC.jpg
近そうなのでここからKLタワーまで街ブラで行くことに

と思ったけど、近くに見えたKLタワーまで幹線道路が多く抜けられなくて、日中の陽射しは強く、けっこう歩いた。。

KLタワーは2つ展望台があり、より高い屋外のスカイデッキまでRM105(¥2,835)/人 高いけど行きたい!!
と訴えたここち、それを高所恐怖症のダーリンに強固に拒否され^^; 屋内展望台だけRM52(¥1,400)/人
20170921KLタワー景色1
地上276mの高さだけど高台にあるためKLの街を一望できる スマホ用広角レンズ大活躍!

20170921KLタワー景色2
ここからペトロナス・ツインタワーは角度的に重なってしまって上手く見ることはできませんでした

20170921KLタワー
KLタワーも下から見上げるとカッコいい

ここからは市内の無料巡回バスGOKLのパープルラインでブキッ・ビンタンまで戻りアロー通りへ

翌9/22(fri) パビリオンバス停からGOKLグリーンラインで夜のKLCCへ
20170922パビリオンバス停
ホテルのプレミアムラウンジでお酒を楽しんだあとでホロ酔いです(;^ω^)

ライトアップされたツインタワーはお昼にも増してとても綺麗
20170922ツインタワー1
夜のペトロナス・ツインタワーを写真に収めようとバス停前は人で溢れていて大賑わい

20170922ツインタワー4
案の定、スマホの広角レンズを売ってる地元ッティがたくさんいて寄ってきた^^もう買ったよ~♪

20170922ツインタワー2
迫力がありますね~

20170922ツインタワー3
近代化が進むKL 日本より洗練された都会で活気がある

20170922ツインタワー5
KLタワーのライトアップもキレイでした

至るところにマレーシアの国旗が飾られ、マレー系、中国系、インド系と多民族ながら国民の愛情を感じる
スポンサーサイト
今年のサマーバケーション レダン島でビーチリゾートを満喫したあとはマレーシアの首都クアラルンプールに

ここちがクアラルンプールの街を訪れたのは今回で2回目。1回目は1992年オーストラリアのワーキングホリデーを
終え、帰国前にストップオーバーで2日間滞在したのだけど、記憶が曖昧。。。
当時はパースで苦楽を共にした仲間と別れ帰国の途に独り飛行機に乗り込み泣いているここちに隣に座っていた
中国系マレーシア人の男の子が大丈夫?と声を掛けてくれた。彼はパースに語学留学中で一時帰国だと言う。
クアラルンプールに知り合いがいないなら、僕の両親が空港まで迎えに来てくれるから、ホテルまで送ってあげる
と言ってくれてその言葉に甘えさせてもらった。BMWで迎えに来てくれたご両親も親切で、滞在中何か困ったことが
あったら連絡しておいでと連絡先のメモをくれた。
1992にはKLタワーもペトロナス・ツインタワーもまだ無く、ガイドブックを持ち合わせてないここちはホリデーインに
泊まったこととその周辺をブラブラ歩いたことは覚えているけど、当時の写真も残ってないし、もうそのホリデーインも
無くなってるみたいで?どのあたりを歩いたのかもわからない。。

という事で、今回のクアラルンプールの街ブラはめっちゃベタなコースを楽しんでみました
KLに飽きたら最後の日はマラッカに行ってもいいなと思ってたけど飽きる事無く3泊をKLで過ごした

9/20(wed) ホテルにチェックインしたのが遅かったので早速晩ごはんを食べに向かったのは
有名な屋台街アロー通り
20170920アロー通り1
通りのことをJl.ジャランと呼ぶのはインドネシアと同じ

20170920アロー通り3
通りの両サイドに屋台が立ち並び、その奥に店舗があって食事ができる

20170920アロー通り4
立派なエビが並ぶ串焼き屋さん

入ったのはアロー通りのいちばん奥、ミッキーマウスみたいな絵の看板が目印で偽ミッキーのお店と呼ぶここ
20170920アロー通り手羽先屋
手羽先が美味しいと有名なW.A.W レストラン

20170920アロー通りサテー
懐かしのサテーは文句ナシのウマウマ~

こちらが名物炭火で焼いたチキンウィング
20170920アロー通り手羽先
醤油ベースのタレが日本の味に似ていて食べやすいここち的には期待していた程ではなく、フツーかなぁ~

20170920アロー通り手羽先仁
けどダーリンは「ウマい!ウマい!」としゃぶりついてた

サテー10本、手羽先4本、アサヒビール大ビン(RM24/本)2本 晩ごはんしめてRM72.4(¥1,955.-)

20170920アロー通り2
お腹も満たされ、ブラブラとアロー通りを楽しみました

翌9/21(thu)も街ブラしたあと小腹が空いて夕方にアロー通りへ
20170921アロー通り1
夜と違ってお昼は閑散としているらしく、17:00前でまだお店が開いてない。。。

通りの入口で呼込みしていたお店で
20170921アロー通りマッサージ
先に足つぼマッサージを受けることに60mim RM50(¥1350)

20170921アロー通り2
時間は18:00 ボチボチお店もオープンし始めた

この日はラクサがどうしても食べたくて探すと
20170921アロー通りラクサ屋1
マッサージ屋さんのすぐ横アロー通りの入口の屋台がそれだった

20170921アロー通りラクサ屋2
大きいお鍋のスープはカリーミー

20170921アロー通りラクサ屋3
こちらがアッサムラクサ

20170921アロー通りラクサ
ビールは置いてなく、通りの向かいにあるセブンイレブンで買ってきてと言われた

このアッサムラクサ、この旅イチバンと言っていいくらいめっちゃオイシイ~~~
20170921アロー通りアッサムラクサ
ミントの葉とタマリンドの酸味が効いたあっさりだけどガツンと舌にくる辛さがたまらなく美味しい
麺は半透明の中太

20170921アロー通りカレーヌードル
カリーミーは厚揚げがカレーのスープをよく吸って美味しくココナッツの甘みでまろやか
お好みでライムを絞って 麺は黄色い玉子麺

20170921アロー通りラクサ屋4
ここちが「美味しい!オイシイ!!」と食べてると周りの地元ッティーの人達がみんなニコニコして見てた

アッサムラクサ、カリーミーともそれぞれRM14(¥378)
タイガービール500ml2缶でRM25(¥675) ビールは高いです

アロー通りの裏路地に入ると
20170921アロー通り路地裏
外壁一面にクーラーの室外機だらけ

9/20(wed) レダン島4日目の朝
20170920ターラス朝
前日の嵐がウソのように爽やか

20170920ターラス朝2
朝食の前に先ずビーチに出てみると波はまだあるもののとても気持ちの良い陽射し

20170920ターラス桟橋
嵐で桟橋は壊れて使えなくなってた

最後の朝食をオープンエアーのテーブルで取っていると
20170920ターラス朝リス
かわいいリスが近寄ってきた

20170920ターラス朝リス2
警戒しながらも餌をもらっているのか人に慣れてる

食後の散歩をしていると
20170920ターラス朝サル
おサルさんや

20170920ターラス朝コモドドラゴン
コモドドラゴンも色んな住人達が現れた

ビーチに下りてくると

しっぽの長いカワイイおサル達が遊んでた

陽射しがきつくなってきた
20170920ターラス朝3
残り少ないターラスの時間を噛みしめる

20170920ターラス朝4
気持ちイイひととき

20170920ターラス朝5
この日も快晴 水着に着替えたぁ~い

20170920ターラス朝6
海に負けないくらい青い空

20170920ターラス朝7
本当にここは楽園ビーチ

ゼッタイまた来る と心に誓い、ホテルを後にすることに

ホテルのピックアップバンでレダン島ジェティに
20170920レダン島ジェティ
帰りは来た時のホテルトランスファーとは別のパブリックボートに乗ります

20170920レダン島ジェティ2
引き潮で下が見えないけど、これ2階建てボート

13:00レダン島ジェティ出発

14:10シャーバンダージェティ着
20170920シャーバンダージェティ
後ろにいるタクシーのおじちゃんにしつこく客引きされたけど、フライトまで時間があるから街ブラすると伝え
荷物預けるところない?って聞くと、後ろのチケット小屋のおじさんを呼んできてくれて、そこでスーツケース
2個RM10で預かってもらっえた

20170920シャーバンダー1
タクシーのおじちゃんに後でねと言ってクアラトレンガヌ散策へ

20170920シャーバンダー2
ジェティのすぐ横を抜けると市場があり

セントラルマーケットへと続く
20170920シャーバンダー3
中は食材やスパイスなどが山積みされたお店が並び迷路のよう

20170920シャーバンダー4
クアラトレンガヌはバディックが有名でキレイなバティックのお店もたくさんあった

20170920シャーバンダー6
セントラルマーケットの先にはチャイナタウンがある

20170920シャーバンダー5
徒歩圏内はこんな感じ

とにかく陽射しが強くて少し歩いただけで汗が吹き出し、街ブラどころではなく30分ほどで退散
さっきのタクシーのおじちゃんに乗せてもらって空港へ向かうことに
シャーバンダージェティからスルタンムハマド空港まで25分RM30

クアラルンプール行のエアアジアがまたまたディレイ。。17:15発→18:05発でKLIA2には18:55着
時間も遅くなったし電車の乗換えも面倒だったから空港タクシーを使うことにしたRM84.3
KLIA2からクアラルンプールの中心地まで、タクシーを快適に飛ばして50分

20170920クアラルンプール
ホテルにチェックインして部屋に入ったのはもう20:30

疲れたぁ~

次回からはマレーシアの旅クアラルンプール編です











レダン島3日目の午後、シュノーケルに出て1時間くらいして急に雲行きが怪しくなり、波が出てきた
シュノーケルに夢中になってたここちですが、ダーリンに促されビーチに戻ることに

天候はみるみるうちに荒れだし、ビーチに着いた頃には雨と風が激しくなって突然の嵐になった

慌てて避難しつつ海水を落とすシャワーもままならず海道具を片付ける

荷物をまとめ部屋へと戻った頃にはドシャ降りの雨になり、ホットシャワーで冷えたカラダを温めた

雨は1時間ほどで止み、17:30過ぎに着替えてビーチに出てみると
20170919ターラスストーム
穏やかだった海が見違えるほど波が高くサーフィンをしてる人が出てた

桟橋へ行ってみた

先端まで行ってみたかったけど、シャワーを浴びて着替えてたので断念
最高のキレイだった桟橋の画像はこちらをご確認くださいませ
http://purecocochi.blog15.fc2.com/blog-entry-732.html

ターラス最後の晩はレストランで食事をしようと行くと18:30のオープンだったため
ターラス3日目バー1
やっぱりこちらでおビール

ターラス3日目バー2
こんなに海が荒れるのはめずらしいのかレストランのシェフやホテルスタッフも出てきて心配そう

ダーリンはビーチバーでおビール2杯をいただいて、ちょうどお時間となり
ターラス3日目ビーチレストラン
こちらビーチブラッスリーでお食事です

ターラス3日目ビーチブラッスリー1
ターラス最後の晩はワインを頂きました

ターラス3日目ビーチブラッスリー2
ニソワーズサラダはマグロのタタキも入ってボリューム満点で美味

ターラス3日目ビーチブラッスリー3
ペンネアマルフィはあっさりオイルベース

キャッチ・オブ・ザ・デイはその日に捕れた魚介プレート
ターラス3日目ビーチブラッスリー4
こちらも海老、貝、マグロ、ハマチ?などボリューム満点で美味でした

ターラス3日目ビーチブラッスリー5
レダン島最後の夜に乾杯

ターラス3日目ビーチブラッスリー6
大満足で食事を終えた頃にはすっかり暗くなってた

ターラス3日目バー3
夜のビーチをお散歩して空を見上げると手が届きそうなほど満天の星が
しばしカウチに横になり夜空を見上げ美しい星に見とれていました

ターラス3日目ロビー
日中は少し暗いロビーも夜は明かりがきれい

ターラス3日目ロビー2
ターラスを満喫した夜になりました
9/19(tue) レダン島3日目の朝

夜中から降り始めた雨が8:00am過ぎにやっと止んだ
20170919ターラス3日目プルメリア
雨のしずくにプルメリアが映える

ターラスの朝食は欧米人向けか?ローカルフードは少なくあまり美味しくなかったかな
20170919ターラス3日目3
この日はノーアイデアだったからコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごす

朝食後、お天気が不安定だったから広いターラスの敷地をまずはお散歩することに

20170919ターラス3日目1
ガーデンエリアは雨に濡れた木々の緑がより一層深くてキレイ

20170919ターラス3日目2
ガーデンスイートエリアには池があって

20170919ターラス3日目オオトカゲ
オオトカゲ?が住んでた

20170919ターラス3日目4
ビーチの奥から崖の上にある宿泊棟へと向かう階段がある

20170919ターラス3日目5
フィットネスジムからビーチが一望できた

20170919ターラス3日目6
お昼からはビーチサイドでまったり過ごす

20170919ターラス3日目8
ハンモックに揺られたり

20170919ターラス3日目7
カウチでのんびりしたり

20170919ターラス3日目9
相変わらずお天気は優れず。。。

20170919ターラス3日目10
14:30頃シュノーケルに出た

20170919ターラス3日目シュノーケル仁
海の中は透明度も良く

20170919ターラス3日目シュノーケル
キレイだった

20170919ターラス3日目シュノーケル2
魚影も多くて楽しい

カワイイ魚たちを動画でどうぞ




ターラス2日目の午後は滞在中でイチバン良い天気 最高にキレイな海を思う存分満喫しなくちゃ
桟橋でひとしきり遊んだ後はしばしビーチでのんびり

日中は陽射しがキツくめっちゃ暑くて汗が。。たまらず日陰に避難です
20170918PMターラスビーチ1
のんびり海を眺めているだけでシアワセ~

20170918PMターラスビーチ2
あまりの美しさにカメラを手に海へ

20170918PMターラスビーチ3
パノラマビュー

20170918PMターラスビーチ5
ホワイトヘブン

20170918PMターラスビーチ4
ここにいるしあわせを噛みしめる

20170918PMターラスビーチ6
この透明度とろけそう~

20170918PMターラスビーチ7
人魚になりたい

20170918PMターラスビーチ8
青い空と海それだけでいい

ビーチでまったりと過ごしていると15:00頃にシュノーケルツアーで一緒だった立命館3回生の彼がやってきた
彼を初めてのひとり旅に出してくれたのは若い頃にひとり旅を経験したお母さんだったそう
話しを聞いていて、とても素直で真っ直ぐだけど、ちょっと天然で面白い、好感を持てる子でした^^
これからもっともっとたくさんの経験を積んでたくましく育ってほしいな♪

ターラスビーチは遠浅だけど左奥にシュノーケルポンツーンがあり、その周辺はサンゴがキレイそう
3人でシュノーケルに出てみると、思った以上にサンゴと魚影が多く、クマノミにも出会えました

海の中は動画でどうぞ






20170918PMターラスビーチ9
ポンツーンの上でたくさんの旅話で盛り上がった

あっという間に時刻は17:00を過ぎ、少し陽が傾き出した
20170918PMターラスビーチ10
若者は明日レダン島を立つのでもう少しビーチで過ごし日焼けしたいという事で、良い旅を~と笑顔で握手し別れた

20170918PMターラスビーチ11
そしてここち夫婦はいったん部屋に戻り、海道具を置いてそのままこちらへ

20170918PMターラスビーチ12
2日目もフィッシュ'nチップスとビール

そしてこの後はまたまたAimaレストランへGO~何故かと言うと、ボルネオのマムティック島で食べた
トムヤムミーフーの味
が忘れられなくて、もしかしてAimaレストランならあるかも!?とひらめいたから
20170918aimaレストラン1
で、ありましたぁ~ これこれ~ やっぱりマムテック島で食べたのと同じ味~
ここち'sダーリンはナシゴレン、あとカンクンソテーとソフトドリンクを頼みました

20170918aimaレストラン2
ずっともう一度食べたいと思っていたこのパンチの利いた辛さと酸味は日本では味わえない美味しさ
辛い物好きのここちでも鼻のてっぺんの毛穴がいっぺんに開く感覚と汗が吹き出す痛快な辛さ♪
スースー言いながら食べてる姿を見て流石のここち'sダーリンもスープの味見だけしかしなかった 笑
2日目のお会計もRM35(¥945)なり~

20170918ターラス夜
すっかり暗くなり充実したマル一日を過ごし大満足でお部屋へ戻りました
レダン島日記をお届けしている最中ですが、先週10月20日にここちの大親友はっちゃんのお店
アリーカフェ10周年を迎えました
負けん気の強さは人一倍、笑顔の奥に努力は人の10倍のはっちゃん、ここまで本当によく頑張ってきましたぁ~
そして、神様の思し召し!?で10/20(fri)本社東京出張が入ったここち
翌10/21(sat)1年半ぶりにアリーカフェへはっちゃんの顔を見に行ってきました~

20171021アリーカフェ10周年1
相変わらず美味しいスイーツをご提供

オープンから閉店まではっちゃんファンのお客さまに囲まれ、ここちも楽しい一日を過ごし
20171021アリーカフェ10周年2
あっという間に暗くなっちゃった

閉店後、やっとふたりで10周年記念撮影
20171021アリーカフェ10周年3
10周年おめでと~
これからも地元海老名のお客さまに愛され可愛がられながら楽しい毎日を走り続けてね

閉店後ははっちゃんの行きつけ、本厚木の和食店つくし で改めてカンパイ
20171021つくし
刺し盛りはかわはぎの肝和えが絶品

20171021つくし2
なにを頂いても美味しいつくしの料理に舌づつみ

はっちゃんちにお泊りして遅くまで話しに花が咲きました

アリーカフェの雑貨コーナーでまたまた素敵なベトナム陶器を見つけて頂いて帰りました
20171021アリーカフェ10周年5
セットで、単品でそれぞれ色んなものに活躍しそう

毎年周年記念に気持ちだけ何か送るのだけど
20171021アリーカフェ10周年4
10周年の記念はただいまゴルフ女子でお互い奮闘してるのでこれに
大切に使ってもらえれば、きっとOBが無くなるはず!!!!

はっちゃん、これからまた11年目、12年目と一歩一歩アリーカフェと共に素敵な人生を歩んでね
充実のシュノーケルツアーから戻り、陽射しが燦々と降り注ぐターラスの桟橋は最高に気持ちイイ

20170918ターラス桟橋1
ここはモルディブかと勘違いしそうなくらい美しい海とロケーション(って、モルディブ行ったことないけど 笑)

アクションカメラで広角ショット
20170918ターラス桟橋2
ターラスの湾をバックに

20170918ターラス桟橋3
三方ショット

20170918ターラス桟橋4
奥のビーチ近くがさっきまでカメと遊んでいた場所

ジャンプ3連発
ヒトシターラス桟橋ジャンプ1

ヒトシターラス桟橋ジャンプ2

ヒトシターラス桟橋ジャンプ3

ヒトシターラス桟橋ジャンプ4

ヒトシターラス桟橋ジャンプ5
超気持ちイイ~

方向を変えてもひとつジャンプ
ヒトシターラス桟橋ジャンプ6

ヒトシターラス桟橋ジャンプ7

ヒトシターラス桟橋ジャンプ8

ヒトシターラス桟橋ジャンプ9

ヒトシターラス桟橋ジャンプ10

ここちもジャンプ
makiターラス桟橋ジャンプ1

makiターラス桟橋ジャンプ2
ヒャッホーイ

20170918ターラス桟橋5
サイコーのロケーションを満喫

20170918ターラス桟橋6
ひとしきり遊んだあとは

20170918ターラスプールサイドビール
やっぱりこれでした






9/18(mon) レダン島2日目の朝

前日の約束通り9:30amにAimaレストラン
20170918シュノーケルツアー
釣りへ行くグループさん達に同乗してジェティへ向かう ドライバーがJoh

20170918船着場
Johがボートを出すのかと思いきや彼はここまで まだ10代??と思われる青年たち3名と出発

ボートを出して10分もしないところが1つ目のポイントPasirakar パシラカール
20170918pasirakar.jpg
ボートから少し泳ぐとサンゴが群生していて特に枝サンゴが美しいポイントでした

海の様子は動画でお楽しみ下さいませ




レダン島周辺は海洋公園に指定されていることもありサンゴ達は保護され生き生きとしていた
そのためタオ島同様アイランドホッピングのシュノーケルツアーはフィン使用禁止かもと思ってたけど
そこは地元ッティツアーフィンOKやしめっちゃ好きなだけ泳いで自由度高で大正解
スーツケースのスペース半分使ってフィンを持ってきて良かったぁ~
因みにターラスの同ツアーはライフジャケット使用&フィン無しのシュノーケルツアーでした

次のポイントはEco Tebu エコテブ
20170918ecotebu.jpg
ここはテーブルサンゴが美しく、サヨリやクマノミをたくさん見ることができた





次に向かったのはレダン島の東に位置するロングビーチ
20170918ロングビーチ1
約30分後に迎えに来ると言われボートを降り上陸

20170918ロングビーチ2
いっしょにツアーに出たのは初海外ひとり旅中の元気いっぱい大阪枚方出身、立命館大学3回生君

20170918ロングビーチ3
ロングビーチはお手頃な宿が立ち並び、タオ島のサイリービーチに似た雰囲気

ここもビーチからすぐのシュノーケルポイントがありベイビーシャークを見ることができた
ここち'sダーリンはボートにマスクとシュノーケルを忘れ見れず残念。。

20170918ターラス沖
ボートに戻り次に向かったのはターラスリゾートの沖合い

20170918タートルポイント
となりの入江は

野生のカメの餌付けポイント
20170918タートル1
ボートの音で寄ってきて突然現れた

20170918タートル3
慌ててフィン無しで海に飛び込んでタッチしても平気みたい

親子のカメか?2匹出てきてくれた




20170918タートル2
ベストショット

20170918タートルポイント2
散々カメと遊んで、あ~楽しいひと時

20170918ターラス沖2
ボートはこのままターラスの桟橋へ送ってくれた

あっという間に13:00
20170918ターラス桟橋3人
立命館の彼は体育会系でサーフィンを少ししてるらしく、めっちゃたくましいカラダやね~
ターラスから徒歩5~6分の安宿に泊まっていて、一旦ホテルに戻ってまたターラスに来ると
言い、私たち午後はビーチにいるからと伝えて別れた

さてさて、陽も射してお天気も上々 まだまだ海で遊びますよ~



15:00フロントでチェックイン

今回はエクスペディアで最安値のガーデンデラックスのお部屋を予約
ターラスガーデンDX1
シンプルで心地よい清潔なお部屋でした

ターラスガーデンDX2
ベランダからは木々に囲まれた緑豊かな眺めとガーデンスイートの棟が向いに

ターラスガーデンDX3
ここち夫婦には十分くつろげる空間

ターラスガーデンDX4
バスタブは無いけどシャワーの出は申し分ナシ

ちょっとエアコンの音がカタカタとうるさくて、夜はエアコンを切ってシーリングファンだけで寝てました
1時間ほど部屋でゆっくりして、気付けば16:00 関空を出てからまだまともにごはんを食べてなかった
クアラトレンガヌの空港でターラスラウンジのクッキーと空港の売店で買ったスナック菓子をつまんだだけ

ターラスガーデンDX5
ダーリンの腹減った~ で早めの晩ごはんへ出掛けることに

ターラスのエントランスから50mくらいのところにAimaシーフードレストランというお店が1件あり
レダン島aimaレストラン
ダーリンはフライドヌードル

レダン島aimaレストラン2
ここちはシーフードナシゴレンを頬張る
残念ながらビールを置いていなかった クアラトレンガヌはイスラム色が強いらしいから仕方ないか
ごはんとジュースでRM35(¥945)でした

レストランのメニューを見ていると、最後のページにシュノーケルアイランドホッピングツアーの案内が
店員の女の子に聞くとここち達の後ろでたむろってた地元ッティの一人を指して彼がやってるから聞いてと教えてくれた
Johという彼は4~5ヶ所のポイントをボートで廻ってRM80/人(¥2160)、ふたりで貸切ならRM100/人(¥2700)
でいいよと言ってきた!?ごはんの前にホテルで申し込んだ同じ内容のツアーはRM155/人(¥4185)
安ぅ~
レダン島Joeアクティビティ
ジョーのツアーはこんな感じ
すぐにこっちにしようというここちに対して慎重派のダーリンは怪訝そうな顔をして首を縦に振らない
もう申込んだから明日ホテルのツアーに行ってみて良かったら明後日こっちで行ってみようという事になって
Johには明日また来るわといったん断った

その後、ツアーの内容を東洋人のお客さんが聞きに来ていてJohが対応した後「日本人ひとり明日行くから
明日ならRM80でいいよ」と言われ、ホテルの申し込みをキャンセルしてジョーのツアーに行くことに決めた(*^▽^*)
翌朝9:30にここでと約束してレストランを出た

20170917ターラスビーチ夕暮れ
ホテルに戻りビーチは陽が傾いてイイ感じ

ビールが飲めなかったからビーチバーで一杯やることに
20170917ターラスバー1
昼間の海の色とまた違って大人な時間のいい眺め~

20170917ターラスバー2
やっとビールにありつけかんぱ~い ちなみにターラスバーのビール1杯細いグラスでRM32(¥860)
タオ島ではホテルでもビール安かったなぁ~ レダン島はタオ島のおおよそ1.5倍やねぇ~

20170917ターラスバー3
フィッシュ'nチップスをたのんで

20170917ターラスバー4
まったりと至福のひと時

レダン島初日はほとんど寝ずに移動で疲れてたから明日のツアーに備えて陽が沈む前に退散

ビール3杯+フィッシュ'nチップスでお会計RM93.2(¥2520)

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる