pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

9/18(mon) レダン島2日目の朝

前日の約束通り9:30amにAimaレストラン
20170918シュノーケルツアー
釣りへ行くグループさん達に同乗してジェティへ向かう ドライバーがJoh

20170918船着場
Johがボートを出すのかと思いきや彼はここまで まだ10代??と思われる青年たち3名と出発

ボートを出して10分もしないところが1つ目のポイントPasirakar パシラカール
20170918pasirakar.jpg
ボートから少し泳ぐとサンゴが群生していて特に枝サンゴが美しいポイントでした

海の様子は動画でお楽しみ下さいませ




レダン島周辺は海洋公園に指定されていることもありサンゴ達は保護され生き生きとしていた
そのためタオ島同様アイランドホッピングのシュノーケルツアーはフィン使用禁止かもと思ってたけど
そこは地元ッティツアーフィンOKやしめっちゃ好きなだけ泳いで自由度高で大正解
スーツケースのスペース半分使ってフィンを持ってきて良かったぁ~
因みにターラスの同ツアーはライフジャケット使用&フィン無しのシュノーケルツアーでした

次のポイントはEco Tebu エコテブ
20170918ecotebu.jpg
ここはテーブルサンゴが美しく、サヨリやクマノミをたくさん見ることができた





次に向かったのはレダン島の東に位置するロングビーチ
20170918ロングビーチ1
約30分後に迎えに来ると言われボートを降り上陸

20170918ロングビーチ2
いっしょにツアーに出たのは初海外ひとり旅中の元気いっぱい大阪枚方出身、立命館大学3回生君

20170918ロングビーチ3
ロングビーチはお手頃な宿が立ち並び、タオ島のサイリービーチに似た雰囲気

ここもビーチからすぐのシュノーケルポイントがありベイビーシャークを見ることができた
ここち'sダーリンはボートにマスクとシュノーケルを忘れ見れず残念。。

20170918ターラス沖
ボートに戻り次に向かったのはターラスリゾートの沖合い

20170918タートルポイント
となりの入江は

野生のカメの餌付けポイント
20170918タートル1
ボートの音で寄ってきて突然現れた

20170918タートル3
慌ててフィン無しで海に飛び込んでタッチしても平気みたい

親子のカメか?2匹出てきてくれた




20170918タートル2
ベストショット

20170918タートルポイント2
散々カメと遊んで、あ~楽しいひと時

20170918ターラス沖2
ボートはこのままターラスの桟橋へ送ってくれた

あっという間に13:00
20170918ターラス桟橋3人
立命館の彼は体育会系でサーフィンを少ししてるらしく、めっちゃたくましいカラダやね~
ターラスから徒歩5~6分の安宿に泊まっていて、一旦ホテルに戻ってまたターラスに来ると
言い、私たち午後はビーチにいるからと伝えて別れた

さてさて、陽も射してお天気も上々 まだまだ海で遊びますよ~



スポンサーサイト
15:00フロントでチェックイン

今回はエクスペディアで最安値のガーデンデラックスのお部屋を予約
ターラスガーデンDX1
シンプルで心地よい清潔なお部屋でした

ターラスガーデンDX2
ベランダからは木々に囲まれた緑豊かな眺めとガーデンスイートの棟が向いに

ターラスガーデンDX3
ここち夫婦には十分くつろげる空間

ターラスガーデンDX4
バスタブは無いけどシャワーの出は申し分ナシ

ちょっとエアコンの音がカタカタとうるさくて、夜はエアコンを切ってシーリングファンだけで寝てました
1時間ほど部屋でゆっくりして、気付けば16:00 関空を出てからまだまともにごはんを食べてなかった
クアラトレンガヌの空港でターラスラウンジのクッキーと空港の売店で買ったスナック菓子をつまんだだけ

ターラスガーデンDX5
ダーリンの腹減った~ で早めの晩ごはんへ出掛けることに

ターラスのエントランスから50mくらいのところにAimaシーフードレストランというお店が1件あり
レダン島aimaレストラン
ダーリンはフライドヌードル

レダン島aimaレストラン2
ここちはシーフードナシゴレンを頬張る
残念ながらビールを置いていなかった クアラトレンガヌはイスラム色が強いらしいから仕方ないか
ごはんとジュースでRM35(¥945)でした

レストランのメニューを見ていると、最後のページにシュノーケルアイランドホッピングツアーの案内が
店員の女の子に聞くとここち達の後ろでたむろってた地元ッティの一人を指して彼がやってるから聞いてと教えてくれた
Johという彼は4~5ヶ所のポイントをボートで廻ってRM80/人(¥2160)、ふたりで貸切ならRM100/人(¥2700)
でいいよと言ってきた!?ごはんの前にホテルで申し込んだ同じ内容のツアーはRM155/人(¥4185)
安ぅ~
レダン島Joeアクティビティ
ジョーのツアーはこんな感じ
すぐにこっちにしようというここちに対して慎重派のダーリンは怪訝そうな顔をして首を縦に振らない
もう申込んだから明日ホテルのツアーに行ってみて良かったら明後日こっちで行ってみようという事になって
Johには明日また来るわといったん断った

その後、ツアーの内容を東洋人のお客さんが聞きに来ていてJohが対応した後「日本人ひとり明日行くから
明日ならRM80でいいよ」と言われ、ホテルの申し込みをキャンセルしてジョーのツアーに行くことに決めた(*^▽^*)
翌朝9:30にここでと約束してレストランを出た

20170917ターラスビーチ夕暮れ
ホテルに戻りビーチは陽が傾いてイイ感じ

ビールが飲めなかったからビーチバーで一杯やることに
20170917ターラスバー1
昼間の海の色とまた違って大人な時間のいい眺め~

20170917ターラスバー2
やっとビールにありつけかんぱ~い ちなみにターラスバーのビール1杯細いグラスでRM32(¥860)
タオ島ではホテルでもビール安かったなぁ~ レダン島はタオ島のおおよそ1.5倍やねぇ~

20170917ターラスバー3
フィッシュ'nチップスをたのんで

20170917ターラスバー4
まったりと至福のひと時

レダン島初日はほとんど寝ずに移動で疲れてたから明日のツアーに備えて陽が沈む前に退散

ビール3杯+フィッシュ'nチップスでお会計RM93.2(¥2520)
レダン島上陸1日目 9/17(sun)11:10am関空を出発してから約14時間

ジェティから5分ほど1本道の突き当りがターラスビーチ&スパリゾート
Taaras門
マーメイドのマークがイイですね
先に書いたように、自由度が少ない島なのでレダン島といってもほぼこのリゾート内で過ごすことになるため
いつもより予算UPでここを予約 レダン島=ターラスと言っても過言ではないくらい満足度は高く宿泊する価値あり

Taarasエントランス
エントランスは東南アジアのビーチリゾートにはよくあるこんな感じ

Taarasロビー
ロビーを抜けビーチへ向かう通路は開放感のあるアジアの創り

taarasプール
時刻は11:30amチェックインは15:00だからレストランで先にランチでも楽しむようホテルスタッフに促され
まずはホテル内散策とビーチの方へ出てみると、少し雲が多かったけど海がめっちゃキレイ♪♪♪

さっそく水着に着替え、フロントで荷物を預かってもらいビーチで泳ぐことに
と、ここでトラブル発生 スーツケースを開けると何か白い液体が漏れてる 液体の正体はタオ島で買った
外国製のサンスクリーンでプラスチック製の容器が破裂して飛び散り、スーツケースの半分、フィンや海用品を
まとめた側がミントの香りと共にクリームだらけ・・・おかげでそれを拭くだけですったもんだ汗だくになった・・・

気を取り直して着替えを済ませビーチに出るとそこは理想のビーチリゾート 
レダン1日目ビーチ
1時間もすると雲が晴れてとっても良い天気に

taarasbar1
バーカウンター越しに見る海がキレイ

taarasbar2.jpg
ここからのビーチの眺めも最高

レダン島のハート形のくぼみに位置し湾になったロケーションはターラスのプライベートビーチ
20170917taarasbeach1.jpg
真っ白なパウダーサンドに透き通った青い海

レダン1日目ビーチ1
この上ないシアワセな時間

20170917_140211A2.jpg
透明度バツグン

20170917_140304A.jpg
水温もちょうどイイ~

201709179544.jpg
桟橋が絵になってイチバンのお気に入り

20170917taarasbeach6.jpg
いつまで眺めていても飽きないね~

20170917taarasbeach7.jpg
プールでクールダウン

そろそろ15:00チェックインしましょうか

マレーシアでは島のことをPulauプラオというらしく、Palauパラオと響きがよく似てます
ちなみにタイでは島のことをKohコと言います

さてさて、日本からレダン島への行き方ですがマレーシアの首都クアラルンプールで国内線に乗り換え
マレー半島東海岸のクアラトレガンヌまで行き、そこからボートでレダン島へ渡ります。
タイのタオ島まではエアアジアのアイランドトランスファーというサービスがあったのですが、マレーシアは
エアアジアのホームなのにアイランドトランスファーが無い・・・ したがって自力でレダン島へ向かいます!

9/16(sat)は台風8号が強い勢力で日本に向かっていて飛行機は欠航や遅れが相次ぎフライトを心配しつつ
いつものことながらお風呂に入りすっぴんで関空に向かったけど、予定通り定刻に飛ぶとのことでホッと
ひと安心フライト前に簡単な腹ごしらえ
20170916KIX.jpg
今回は事前に預け荷物の手続をし2人分のフィン&シュノーケルセットが入ったスーツケース大と
機内持込可能サイズ小をギリギリ20kgで2つとも預けることができました
22:00定刻にKIXを飛立ち、定刻より35分早い翌9/17(sun)3:25(-1h)クアラルンプールLCC専用ターミナル
KLIA2に到着、荷物はクアラトレンガヌまでスルーですが、いったん入国審査と税関を通り外に出て
再度出発ロビーから国内線へ入り直します

ここで、KLIA2はエアアジア専用のようなターミナルだから、関空のピーチ専用ターミナルのようなものと
なめていたら大間違いめっちゃ広くて迷いに迷った
そしてKLIA2はあの北朝鮮金正男氏が暗殺された現場でもあります
広いうえに延々と歩いて搭乗ゲートにやっとこさ着いたのはいいけど、そこから飛行機の不具合で3回も
搭乗ゲートが変わりそのたびにひたすら歩いて移動、結局1時間半のディレイ6:15→7:45KLIA2発

20170917KL-TGG.jpg
クアラルンプールを飛立ちしばらくすると眼下はジャングル

8:30am クアラトレンガヌのスルタンムハマド空港着
20170917スルタンムハマド空港
ゲートを3回も変えられて荷物がちゃんと着くか心配したけど無事出てきた
クアラトレンガヌからレダン島までは
①空港から比較的近いシャーバンダージェティ(タクシーで25min)から1日3便あるパブリックボート
(所要1.5h片道RM55)で行く
②宿泊予定のターラスリゾートのトランスファーサービス(RM130)を利用し空港からメランジェティまで
ピックアップバンで40min、ホテル専用ボートで40min
があり、当初は①で事前に調べた9:00amのボートで行く予定が飛行機ディレイで間に合わず、
到着ロビーにターラスリゾートのスタッフがいて空港内のホテル専用ラウンジに案内してくれ
①だと次は10:30のボート、②だと9:45に空港出発でメランジェティ10:30発のボートと説明され
若干②の方が早くレダン島に着けるということで高いけど②を選択することに
後で知ったのですが①の9:00am発のボートはターラスリゾートのある船着場には行かないボートでした
20170917スルタンムハマド空港taarasラウンジ
ターラスの専用ラウンジはコーヒーや紅茶、ペットボトルの水、クッキーのサービスがあり快適
ここで、日本人が他に2組いた いつもほとんど日本人に会うことがない旅ばかりだったので
レダン島って結構有名なのかも!?とビックリ

ちなみに、マレーシアリンギットへの両替は空港レートは悪いですがKLIA2空港でしておかなければ
地方やホテルのレートはもっと悪くマネーチェンジャーなどありません。
今回はKLIA2の両替レートがRM1¥28.1、クアラルンプールのマネーチェンジャーで¥26.6でした
レダン島ではホテルの支払いをクレジットカードでした方がお得です(請求は¥27.3でした)

メランジェティ
メランジェティに到着
ここで海洋公園になっているレダン島や他の島へ渡る人たちは外国人RM55、ローカルRM6と
メランジェティ使用料RM1を払います

メランジェティ2
ボートはこんな感じ

メランジェティ3
ライフジャケット着用

メランボート
この後かなり飛ばして快適なボートの旅

レダン島船着場
11:15レダン島ジェティ到着

レダン島船着場2
まだ海のキレイさは分かりませんが、のんびりとした島です

レダン島上陸
日本を旅立ち14時間半、ここからホテルのバンに乗っていざ!レダン島上陸~

つづく




今年のサマーバケーション、13年ぶりに北海道キャンプツアーへ行くぞ~!!と意気込んでたここち
でしたが、何故かここち'sダーリンはキャンプ準備が面倒くさいご様子で乗り気でなく、一向に事が運ばず。。
ならば趣旨を変更してどこかビーチリゾートでもと、スマホで検索たまたま見つけた画像にクギ付け
その青い海と白い砂浜がメッチャ綺麗なビーチはマレーシアのレダン島という場所でした
そのまま衝動的にエアアジアで航空券を予約し、あっという間にレダン島行きが決定~

さてさて、前回どことも記さずその美しいビーチの画像をご紹介しましたが、先ずはレダン島の美しさを
動画で収めたのでそちらをどうぞ



ここちがバックパッカー時代から東南アジア、オセアニア、ミクロネシア、北米、中米、カリブ海と放浪した
海の中でも上位にランクアップされるほど透明度の高い美しいビーチでした^^

この素晴らしい海が広がるレダン島ってどこにあるの?のご質問にお答えします

レダン島マレーシア地図
レダン島はマレー半島の東海岸クアラ・トレンガヌ沖に浮かぶ海域の海洋公園に指定された島々の中で
最も大きな島になります。4月から10月にかけてがベストシーズンとなり11月から3月のタイフーンシーズンは
海が荒れ上陸できないため島全体がクローズしてしまいます。

レダン島マップ
島は切り立った山々に囲まれているため島の南の入江の船着場からハート形のくぼんだ辺りの北側を
結ぶ道しか車やバイクは通れず、その他のビーチへはボートかトレッキングでしか行けません。

とエアーを予約してから知った情報をまとめると、2年前に行ったタオ島のように島全体を自由に楽しむことは
難しく、移動するよりもひとつの高級リゾート内でのんびり海を楽しむべしのレダン島。

次からはこの旅の様子をご紹介しまぁ~す




IMG_4529編集
9/16(sat)-9/23(sat)でマレーシアのビーチリゾートとクアラルンプール街ブラを楽しんできました

あっという間の6泊8日、大量画像を編集してまたご紹介しま~っす
11月29日から4泊6日でここち'sダーリンの社員旅行でハワイに連れて行ってもらいました

現地では80頭近い野生のイルカと出会うことができました

来年からハワイの州法が変わり、早ければGW、恐らく9月くらいにはイルカと泳ぐことができなくなるので
今年ハワイへ行けたことはとてもラッキーだったと思います。
感動の動画はアクションカメラWIMIUSでダーリンが撮ったものでなかなかのものですのでこちらをお楽しみください






9/24(thu) 7泊8日のサマーバケーションも最終日を迎え、残すは日本まで移動の旅だけとなった

5:30amチェックアウトに部屋を出たらチャウエンブリリゾートのドライバーがすでに待っていてくれて
前日ひともんちゃくあったものの、ひと安心
24sepリパノイピア1
早朝走っている車はほとんどなく快適に飛ばし、1時間かかると言われたリパノイピアまで30分で着いた

エアアジアのフェリーとスラータニ空港までのピックアップバンのチェックインをここで
24sepリパノイピアエアアジア
1時間前に着いて一番乗りだったけどすぐに続々と利用者が到着してた

ホテルの朝食を食べられなかったから部屋にあったバナナがこの日の朝食
24sepリパノイピアあさごはん
ここち'sダーリン昨夜タイパンツは見つけられなかったけどタイっぽいリネンシャツをGetで
早速着てた^^超かわいくて女性用があったらここちも欲しかったぁ~

24sepリパノイピア2
天気はどんより曇り空で海は荒れ波も高かい

24sepラジャフェリー1
ドンサク港までの船はラジャフェリーというカーフェリー(^▽^;)

24sepラジャフェリー2
船内はこんな感じ

7:00am定時に出港
24sepリパノイピア3
タイ本土のドンサク港までは1時間半

24sepリパノイピア4
バイバイ!サムイ島

バナナだけでは足りないと思って前日テスコロータスで買ったタイフレバーのポテチを開けた
24sepラジャフェリー3
とってもスパイシーでオイシイ~♪けどダーリンにはちょっと辛すぎたみたい(*^▽^*)

24sepタイ湾
出港から30min 雲が晴れて太陽が出てきた!

24sepタイ湾2
本土が近づいてきたよ!

8:30am定時にドンサク港到着
24sepドンサク港
同じドンサク港でも行きのシートランの桟橋とは違った

アクセスよくすぐにピックアップバンに乗り込みスラータニ空港へ向かいます
24sepドンサク港からスラータニ
車内は満員でギューギューで揺られることさらに1時間半

予定通り10:00am スラータニ空港到着
24sepスラータニ空港
タイシャツ、タイパンツ、タイバッグ姿のダーリン(*^。^*)

スラータニ空港では預け荷物15kgまででしっかり計られ2kgほどオーバーしてたら2kg分出せと言われ
出した分だけ手荷物が増えた^^;
しかも荷物は日本までそのまま預けることができず、バンコクでいったんピックアップしもう一度
チェックインして預け直さなければダメだった

スラータニ空港を予定より15分遅れの11:40am出発
24sepスラータニ-ドンムアン
雲の上は快晴

バンコク、ドンムアン空港には20分遅れの12:50に到着、荷物をピックアップし国内線到着口から国際線の
エアアジアチェックインカウンターへ移動し、今度は預け荷物20kgまでOKだったからさっき取り出した荷物
プラスアルファを詰め直して預けた^^

14:00 最後のタイごはんを空港で遅めのランチ
24sepドンムアン空港ランチ
ちょっと高め&表示価格+税金と言われ、タイバーツが残り少なくてギリギリ定食をオーダー

ふたりで375THB(¥1280)
24sepドンムアン空港ランチmaki
けど最後の大好きなタイ料理もオイシカッタァ(^O^)

小銭も空港内で水とカップ麺を買って上手く使い果たし、手元に残ったのはわずか9THB(¥31)(^_-)-☆

エアアジアの機内は満席
24sepドンムアン空港エアアジア
外は来た時と同じ雨が降ってた

15:40 予定より20min遅れでバンコク ドンムアン空港を飛び立ち
24sepバンコク市街
バンコク市街を眺めながらバイバイ

おやつが気圧でパンパン
24sepエアアジア機内
機内は来たときのような臭いトラブルもなく(^^; 快適な空の旅

しばらくすると外はキレイな夕焼け雲
24sepエアアジア夕焼け
あとは日本に帰るのみ

快適に爆睡してたらあっという間に関空に到着~ 30分遅れの23:10着だったから電車で帰宅の人達は走ってた!
ここち達は駐車場に停めてた車で直帰で楽ちんでした♪

長々と2ヶ月に亘ってタオ島旅記録を綴ってしまいましたがダーリンはタオ島をとぉ~っても気に入ってくれて
めっちゃ楽しかったぁ~!!としばらくは日に何度も言ってはふたり旅の思い出を語っておりました♪

ブログに遊びに来て下さったみなさま、リラックス&リフレッシュできたここち夫婦スタイルの気まま旅に
お付き合い頂きありがとうございました!またこんな旅ができるように仕事頑張りま~っす!!

夕方食事と街ブラに出た

23Sepチャウエン通り1
チャウエンブリの目の前はこんなストリート

お土産屋やレストラン、マッサージ店がズラッと並んでる
23Sepチャウエン通り2
とりあえずこっちへ行ってみる?

こんなシーフードBBQのお店もたくさんで「コンニチハ~!」と呼込みの人達も日本語が達者
23Sepチャウエン通り4
タイ最後の夜だしちょっと贅沢してもいいかもと思ってたら以外にダーリンは
「こんな高いとこで食べんでもエエわ」だって!?

タオ島と違ってスタイリッシュなお店もあったり都会的なサムイ島
23Sepチャウエン通り3
物価は観光客向けでバンコクより高め

サムイ島には20年以上昔バックパッカーの時代に一度来たことがあった。
その時はピーピー島からまだガイドブックにも載っていないランタ島に入り、未開拓でちゃんとした宿も無く
シャワーの水も黄色い塩水しか出なかったそのランタ島で体調を崩し発熱嘔吐下痢でまる2日寝込んだ。
ようやく熱が下がり、少し開けているサムイ島に移動してきて薬を買ってカラダを休めた。
雨季で雨が降っていたし、どこのビーチに泊まっていたのかも覚えていないけど、その時のサムイ島は
街並みなどは無く静かでヤシの木だらけだった記憶しかない。

サムイ島の中心にあるセントラルフェスティバルというショッピングモール
23Sepセントラルフェスティバル
今ではハワイかグアム並みに発展してキレイだしすごく広い!

セントラルフェスティバルの前に
23Sepナイトマーケット
ナイトマーケットが出てた

23Sepナイトマーケット2
こういう雰囲気が好き

23Sepナイトマーケット4
スゴ技!

23Sepナイトマーケット3
ダーリンはいま履いてるタイパンツみないなのがもう1枚欲しいらしく探してます

23Sepナイトマーケット5
突然のスコールでセントラルフェスティバルに逃げて雨宿り

お腹も空いてきてフードコートをブラブラ
23Sepココナッツ焼き
タコ焼きに似たココナッツ焼き6個20THB(¥70)♪

バナナの葉に入れてくれて^^ たこ焼きも昔は笹の折りで売ってたな
23Sepココナッツ焼きhitoshi
ココナッツ焼き初体験のダーリンハフハフしながらひと口「ウマい!!」とお気に入り(^^)
具は無くあまぁ~く焼けたココナッツの風味がたまりませ~ん

食欲に拍車が掛かり、ここで適当に買い食いして晩ごはんにすることになり

23SepBBQチキン
お次はガッツリBBQチキン1本50THB(¥170)

23SepBBQチキン2
インドネシアのサテーのようなピーナッツ味のチキン

23SepBBQチキンhitoshi
カブリつきでビールをグビグビ(^◇^)

雨が止みお次は屋台で
23Sepバクテー
一番おいしそうだったバクテー

23Sepバクテー2
トロットロに煮込んだ豚と卵をごはんにのせてくれます

23Sepバクテー3
餅米マンゴーも買ってお腹いっぱい

タイ最後の夜ごはんはこんな簡単なごはんになっちゃいました

23Sepチャウエン通り5
ブラブラしたけどタイパンツ見つからず。。。

このあとホテル前のタイマッサージを200THB/h(¥780)でふたりで受け、ダーリンは体格のイイおばちゃんにゴリゴリ
やられ悶絶して+100THBでオイルマッサージに変更したけどここちはモノ足らず、おばちゃん交換したかった(~_~メ)

部屋に戻ったのは22:00を過ぎていた。シャワーを浴びて翌朝早いからある程度荷造りして寝た。
通りの賑やかな音が夜遅くまで聞こえてきてた
9/23(wed) タオ島7日目の朝 お天気はくもり

24Sepデュヂブンチャ人形
とうとうタオ島を離れる日がきた

7:00am過ぎこの景色も見納め
24Sepデュヂブンチャ朝
毎日海で遊んでたから、ふたりとも日焼けしてすっかり小麦色

8:30amデュシブンチャリゾートのピックアップトラックに乗り込み15分ほどでメーハードピアに
24Sepメーハードピア
ロンプラヤ社の波止場はいちばん奥

タオ島からサムイ島までは1h50minで600THB/人(¥2050) チケットは前日デュシブンチャで手配してたけど
結局乗船券に交換するため長蛇の列に並ぶことに… 30分くらい並んでチケットとサムイ島行きのシールを
胸に貼られ、150THB/人(¥510)でサムイ島の波止場から各ホテルへ送迎サービスがあるけどどう?と
聞いてきたから、サムイ島では半日しかないし時間優先でお願いした

24Sepメーハードピア真紀
桟橋はパンガン島とサムイ島、その先ドンサク港からタイ南部各都市へ行く旅行者で埋め尽くされてた

24Sepメーハードピアロンプラヤ
ロンプラヤの高速船カタマランに一斉に乗り込み

24Sepタオ島ファイナル
9:40am 10分遅れでメーハードピアを出港

バイバイ!タオ島またいつか訪れる日が来るまでバイバイ!!

高速カタマランの乗り心地は快適!昔20代の頃ケアンズでサンラバークルーズのスタッフだったここち^^

11:30am あっという間サムイ島に到着
24Sepサムイ島プラランピア
ロンプラヤのボートは時間によって到着する波止場が違うので要チェック

ここはサムイ島の北に位置するメナム地区にあるロンプラヤ社の波止場
24Sepサムイ島プラランピア真紀
思ったより何もないのんびりとした港

タイで3番目に大きな島サムイ島は周囲80kmもあって移動はソンテウという乗合いバンかタクシー
波止場から送迎サービスで20分くらいここち達が一番はじめにホテルで降ろしてもらえた

翌日早朝出発ということもありサムイ島中心にあるチャウエンブリリゾートを前日Agodaで予約していた
24Sepチャウエンブリ受付
チェックインしてレセプションで翌朝のタクシー予約をお願いしたところここでひともんちゃく(~_~メ)

翌朝7:00amエアアジアのアイランドトランスファー波止場リパノイピアまで行きたいと伝えると、リパノイピアは
遠くて1時間かかるし早朝タクシー手配ができないと言われたのだ!?しかもタクシー相場は800THB(¥2800)!

で、レセプションの彼がホテル前に停まっているタクシー運転手に明日早朝ピックアップしてくれるか聞いてくれ
行ってくれると言ったけど、タクシー料金を全額前払いで今払えと言ってきた!!
しかも、ホテルのタクシーじゃないから領収書も出ないと!?
「バカ言わないで!明日の朝迎えに来ない可能性だってあるのに領収書ナシで800バーツなんて払えない!」
「僕はあのドライバーと顔なじみだし明日6時には僕が勤務で出てくるから信用して!」
「じゃああなたが一筆書いて!もしあのタクシー来なかったらその時間他のタクシー呼べないんでしょ?」

とすったもんだすること20分(^^; となりで黙って聞いていた彼女が彼に「ホテルのスタッフの誰かに頼めば?」と
助け舟を出してくれ、電話で確認してホテルの送迎スタッフが送ってくれることになった=^_^=
800バーツの領収書をもらい5:30amチェックアウトの約束をしてやっと部屋に案内してもらう

部屋はスタンダードヴィラ
24Sepチャウエンブリスタンダードヴィラ
いろいろ無理を言ったからか?いちばんビーチに遠くて繁華街側に建っているヴィラ(^▽^;)

24Sepチャウエンブリスタンダードヴィラ2
部屋は思ったより清潔できれい

24Sepチャウエンブリスタンダードヴィラ3
天蓋付きで明るく申し分ないです

部屋でゆっくりする暇もなく次の課題、Webチェックインできないままの明日のフライト
エアアジアのオフィスに行かなきゃ!
サムイのスーパーテスコロータスの前にあるとの情報でホテルから15分くらいの場所
タクシーのドライバーに聞くと300THB(¥1050)交渉しても負けてもらえず...

中に入ると女の子ひとりがいて、ここエアアジアのオフィスではなくトラベルエージェンシーだった。。
24Sepサムイ島エアアジアオフィス
事情を説明したら最初はエアアジアとPCがつながってないからわからないと断られたけど食い付いて
困ってると訴えると親切にエアアジアに問い合わせてくれて残金0.3THBの清算(予約時のタイミング>
レートの関係?理由は不明だった)、事前チェックイン、ついでに荷物追加料金手続きまでやってくれた
手数料も80THB(¥300)と格安でありがと~!!

これで明日のバンコクまでのルートもOK~♪ ってことでテスコロータスでタイ食材を仕入れて戻ることに

テスコロータスからのタクシーも先に各地区への相場料金表を見せられまた300バーツ。。。
24Sepサムイ島ピックアップタクシー
しかも、これタクシーじゃなくピックアップバンだし。。。
ホント、サムイ島のタクシーバカ高過ぎぃ!!この料金バンコクのタクシー運転手が聞いたら卒倒しそう(~_~メ)

ようやくホテルに戻りビーチに行けたのはもう15:00過ぎだった
24Sepチャウエンブリnai
チャウエンブリの部屋からまっすぐ奥がチャウエンビーチ

さすがサムイ島リゾート気分は満載なビーチ
24Sepチャウエンビーチ
チャウエンビーチはサムイでいちばんポピュラー
さっきタクシードライバーが言ってたけど最近のサムイ島観光客は日本人が少なくて中国人ばかりだとか

動画で全体像をどうぞ


ダーリンがとりあえずシュノーケル持って海に入りに行ったけど
24Sepチャウエンビーチ3
すぐに戻ってきた

透明度はないです
24Sepチャウエンビーチ2
ジェットスキーやバナバボートなどキャピキャピ系がお好きな方はチャウエンビーチおススメ

24Sepチャウエンブリプール
チャウエンブリリゾートのプールは欧米人系が多かった

17:00部屋に戻ってシャワーを浴びてタイ最後の夜に出掛けることに

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる