pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

7/13(fri)-14(sat) 得意のLCCピーチで初ソウル弾丸1泊2日行ってきました

2018韓国ピーチ
7:40amのフライトです

関空からだと北海道より韓国ソウルの方が近いのです
2018韓国alex
9:20仁川国際空港着 ピーチの機内で空港鉄道直通A’REX¥900→¥730のチケットをゲット

2018南大門1
南大門が目の前のホテルを予約していて荷物を預けお昼ごはんにいざ南大門

2018南大門カルグクス通り
南大門入ってすぐにカルグクス(韓国風うどん)通りがあり両サイドにカルグクス屋さんが並ぶ
中はすごい熱気と活気!すぐにオバちゃんたちに腕を引っ張られ片言の日本語で呼込み戦法

オバちゃん達の客捕り合戦にタジタジになりながらも
2018南大門カルグクス定食1
その中でネットで見たIKKOさんの写真も飾ってある巨済食堂に座った

オバちゃんのビビンバセットね!?という売込みに圧倒され、食べてる人達のボリュームにも
圧倒されながら、隣の日本人お姉さま方から絶対食べられるから大丈夫!と言われセットを注文
2018南大門カルグクス定食2
先ずビビンバと味噌汁、キムチ、ナムルが出てきた

その後小鉢冷麺とメインのカルグクスが登場
2018南大門カルグクス定食3
このボリュームで6000ウォン(¥600)恐るべし韓国!!
カルグクス(韓国風うどん)はあっさりしたスープが食べやすく、お揚げさんとニラが入ってて辛みは無く
手打ちうどんは繊細な日本と違ってアバウトな韓国らしい太さがバラバラで雑っぽい 笑

満腹でお店を出たにもかかわらず、
2018南大門野菜ホットック
南大門の突き当りにある屋台のホットックというのが食べたくて並ぶ

2018南大門野菜ホットック2
1000ウォン(¥100)と激安の野菜ホットックは中にチャプチェみたいな野菜の具が入って
揚げ焼きにした生地がカリッとしててメッチャ美味しい~ これ、ドストライクな味

南大門から歩いて明洞にきた
2018明洞1
日本でいう渋谷みたいなところらしい

ブラブラ歩くも暑くてビールを飲めるお店を探し冷えたビールをいただく
2018明洞ビール
明洞はごはん屋さんはたくさんあるけど、お酒だけでいい時に困るかも

涼んで落ち着いたらビラ配りでもらったお店が良さそうでマッサージ
2018明洞マッサージ
ここ中々気持ち良かった 全身+足アロマリンパマッサージ60分38000ウォン(¥3800)
しかし、明洞って何でマッサージ店のビラ配りが日本人のオバサンばかりなんだろう???

全身スッキリしていったんホテルに戻りチェックイン まだ新しいキレイなホテルだった
2018ソウルホテル
???日本ではありえない注意書きが 靴下をドライヤーで乾かすの禁止だって
韓国のホテルには歯ブラシが置いてないって聞いたけど、ここはあったよ

夕方晩ごはんを食べに再び明洞へ
2018ソウル地下鉄
一駅だけど地下鉄に乗ってみることに 2重扉式で日本より安全性に長けている

2018ソウル地下鉄2
エスカレーターは大阪と同じ左が歩く人用でご丁寧に線まで入ってる

この旅のメイン、渡り蟹の醤油漬けカンジャンケジャンを食べに来た
2018明洞カンジャンケジャン1
これでここち'sダーリンを韓国旅行に釣ったようなものでふたりとも初体験のカンジャンケジャン
明洞で検索するとここが出てくる有名店らしいハムチョ・カンジャンケジャン
辛いモノ好きなここちはもう一つ渡り蟹の唐辛子味噌漬けヤンニョムケジャンを頼んだ

2018明洞カンジャンケジャン2
渡り蟹の内子が見ただけで美味しそう~

これ、激ウマ 美味し過ぎるぅ~~~ カニ好きのダーリンもひと口食べて「ウマい」と唸った

2018明洞カンジャンケジャン3
たっぷりの内子と出汁の効いた醤油が濃くなく優しい味が染みた生のカニ身

2018明洞カンジャンケジャン4
これをチューチューと吸い付くとカニ身が口の中でトロけた

2018明洞カンジャンケジャン5
めっちゃシアワセそうな顔~

2018明洞カンジャンケジャン6
そして、カニ身とカニ味噌をごはんと混ぜて食べるとこれがまさに絶品 悶絶!!!

2018明洞ヤンニョムケジャン
ヤンニョムケジャンは甘さの後に痛快な辛さがくるバッチリここち好み
こっちの方が甲羅が無いぶん?身入りが多い渡り蟹の足が多かった

2018明洞ヤンニョムケジャン2
ヤンニョムケジャンの唐辛子味噌を韓国のりとごはん、付合せといっしょに食べたらクセになる美味しさ


けどやっぱりNO.1はカンジャンケジャンですねぇ~ 他にも食べたいメニューがあったけど
お腹いっぱいでギブアップ

2018明洞2
明洞の街は夕方から通りに屋台がいっぱい出てたけど、満腹過ぎて何も食べられないまま
ホテルに戻ったのでした 笑





スポンサーサイト
2017 Summer Vacation マレーシア、レダン島とクアラルンプールの旅6泊8日最終日の朝

プルマンKL部屋昼5
ゆっくりとプルマンホテルの朝食を楽しんでから出発準備

荷物をまとめて10:45頃チェックアウト、クアラルンプール国際空港KLIA2へ向かうのにホテルのポーターへ
タクシーをお願いすると、公式ブルータクシーだとRM120(¥3240)と言われ、KLIA2から来るときは
空港タクシーでRM84.3(¥2300)だったから目を見開いたら、その若いポーターがGrabタクシーだと
RM75くらい(¥2050)だけどと言ってくれた
Grabタクシーとはマレーシアやシンガポールでスマホアプリで呼べるタクシーサービスで白タクやタクシー
などその周辺を走っている近い車両がすぐにローカル料金で利用できる便利なサービスサイトのこと
事前リサーチで知ってはいたけど旅行者にはsim携帯を使っていなければ利用は難しいサービス
ボーターの彼にGrabタクシー呼んでくれるの?と聞くと彼が自分のスマホからアクセスして呼んでくれた
で、すぐにホテル近くを走ってたGrabタクシーが来てくれそれに乗って空港へ
空港へは50分くらいで到着

エアアジアのスマホアプリでチェックインしたけど預け荷物があるから結局列に並ぶことになる。。。
国内線乗換えの時にも懲りたけどKLIA2はLCC専用空港ながらめっちゃ広い!!
残りのリンギットを使って最後にスーパーで買い物したりウロウロしてたら、搭乗口まで
はるか遠くまで歩く羽目に。。しかも道中手荷物チェックが2度もありイラっとしてた
水のペットボトルも持込みは一切禁止で捨てなければならず、面倒くさい。。

やっと搭乗口に着いたのはデパーチャーの30分前
そこでやらかしたダーリンが急に慌てて荷物をガサゴソ探り出して????
「無いアクションカメラ落とした」えええええぇぇぇl~~~
旅の思い出画像がいっぱい詰まったアクションカメラ落とすってぇ~~~
何処で落としたん!?って聞いても分からん。。。というから、とりあえず2度目の手荷物チェックの場所
かもしれんって搭乗口入口の係員に事情を説明して搭乗券を預けて出してもらい、走った(;゚Д゚)
ゼーゼーハーハー走ってそこへ行って小さいカメラ忘れてない?って聞くと調べに行ってくれ、
しばらく待たされ出てきたよぉ~ アクションカメラあったよぉ~
めっちゃドキドキ心臓バクバク、ホッと安心して力抜けたぁ~。。。。
急いで戻ってすぐに搭乗となりやれやれで帰国の途に着いたのでした

最後の最後にドタバタ劇があった今年の夏休みでしたが、なかなか充実した思い出深い楽しい旅となりました
快適に過ごしたプルマンホテルのお部屋もお気に入りだったのですが、ここのホテルの充実し過ぎた
食事が本当に素晴らしかったため、外での食事をあまりできなかった 笑

朝食ブッフェがとても充実していて美味しかったからそれだけでお腹いっぱい
旅行に出るといつも野菜不足が気になるのだけど、プルマンの朝食ではお野菜のラインナップが豊富で
朝からモリモリサラダが食べられるのが特にうれしかった♪ 中でもキノコのマリネがめっちゃ美味しくて
3日間とも葉物野菜の上にたっぷりのっけて頂きました^^
目の前で自分の好きな果物と野菜をチョイスしスムージーにしてくれるコーナーも嬉しい
ローカル料理も本格的で美味しいし日替わり麺があったり、デザートまで豊富過ぎて朝食だけで満足

1日目の朝食
プルマンKL朝食1
お皿いっぱいのサラダと細い米粉麺と中太麺のダブルで、辛い薬味をトッピング

2日目の朝食
プルマンKL朝食2
ここち'sダーリンもお皿いっぱいのサラダと肉食系が中心

プルマンKL朝食3
ここちはマレーシアの定番朝ごはんナシレマッとサラダ山盛り
ココナッツミルクで炊いたご飯が紙に包まれて(通常はバナナリーフなどで包まれているそう)
サンバルの効いたチキンや卵、ピーナッツ、キュウリなどのおかずを添えて食べます

プルマンKL朝食4
これ、美味しくてハマります

3日目の朝食
プルマンKL朝食5
ナシレマッ小盛りとキノコのマリネサラダ、太麺のヌードルは青唐辛子をたっぷり

3日間ともこれらの他にコーヒーとデザートまでたっぷり食べてゆっくりと過ごしてた
そのおかげで、ランチタイムになってもお腹が空かず日中はアクティブに行動できましたぁ~

そして、そして、この旅で特筆すべきがプルマンのクラブラウンジ
17:00から19:00までの2時間はハッピーアワーで軽食とアルコールが飲み食べ放題なのです
アルコール類が高いマレーシアではめっちゃお得で助かるぅ~
しかも軽食と言うには北京ダックやフォアグラなど豪華過ぎるリッチなおつまみがたぁ~くさん

1日目はチェックインが遅く間に合わずで2日目にアロー通りでラクサを食べた後立寄ってみた
楽天トラベルのサイトではハッピーアワーが18:00-20:00とあって18:50頃行くと
19:00までで軽食類を片付けるけどゆっくりして行って下さいと言われ軽食とアルコール2杯ずつ
プルマンクラブラウンジ1日目1
ダーリンは珍しくスタッフおススメのカクテルなんぞをオーダー

プルマンクラブラウンジ1日目2
一品一品がとってもカワイイ盛り付けでオイシイ~ ここちはお決まり赤ワインで

プルマンクラブラウンジ1日目3
このクラブラウンジアクセスプランも知らなかったダーリンはテンションアゲアゲ~⤴⤴⤴

プルマンクラブラウンジ1日目4
ここちも大満足ホテルスタッフがみんなとても親切で笑顔が良くて、明日はもっと早く来るねと言い帰る

翌日はバクテーを食べプールで遊び、17:00過ぎにクラブラウンジへ
プルマンクラブラウンジ2日目1
この日もダーリンはスタッフおススメカクテルで乾杯

プルマンクラブラウンジ2日目2
軽食はサーヴして持ってきてもらうものと自分で好きなものを好きなだけとあり目にも楽しい

プルマンクラブラウンジ2日目3
生ハムイチヂクを取ってきたからここちは白ワインから赤ワインに

プルマンクラブラウンジ2日目4
デザートまで手を抜かずどれを取っても、チョコもオイシイ~

プルマンクラブラウンジ2日目5
とても贅沢な時間を楽しみました

プルマンクラブラウンジ2日目6
どれも美味しくてワインを少々飲み過ぎ良い気分のここち
この後、良い気分のまま夜のペトロナス・ツインタワーを見に出掛けました

スタンダードプランにわずか数千円プラスだけでDXエグゼクティブルーム+クラブラウンジ
アクセスプランは断然お得で、コスパ的にも大満足
ロケーション、部屋、食事、サービス、スタッフ、どれを取ってもプルマンKLサイコーでした

今回クアラルンプールの滞在先に選んだのはここ

プルマン・クアラルンプール・シティセンター・ホテル&レジデンス
プルマンKL外観
クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタンに位置するこのホテルは2015までプリンスホテルだった
今はフランス・パリを拠点とするアコーホテルズが経営している
いろいろ調べていくうちにナント、エクスペディアやAgodaより楽天トラベルで最安値を予約できた
着いてロビーに入った途端、ここち'sダーリンは「今回メッチャええホテルちゃうん!」と嬉しそう

チェックインを済ましてお部屋に入ったのは20:30ごろ
プルマンKL部屋夜1
デラックスエグゼクティブルーム

プルマンKL部屋夜7
事前にホテルへメールで高層階&ペトロナス・ツインタワービューのお部屋をリスエストしていた

何も知らなかったダーリンはゴージャスなお部屋と景色に大興奮
プルマンKL部屋夜景1
想像以上にツインタワーの夜景がきれいで近くてテンションアップ

プルマンKL部屋夜景2
しかも KLタワーまでお部屋から眺めることができた
これはここちも予想外で超ビックリ&サイコーのロケーション

あまりに素敵なロケーションに大満足で、移動も考え事前予約は2泊だけだったのを結局、
気に入ってそのまま楽天トラベルで再予約しこのホテルのこの部屋に3泊した

お部屋のレイアウトはお昼間に撮ったものを
プルマンKL部屋昼1
キングサイズベッドはふたりで寝相が悪くても大丈夫

プルマンKL部屋昼2
ブルーと白で統一された部屋は近未来的モダン

プルマンKL部屋昼3
テレビと鏡が一体の壁面

プルマンKL部屋昼4
ペトロナス・ツインタワーを眺められるだけで贅沢な気分

プルマンKL部屋バスルーム1
アメニティも充実 シャワーブースとバスタブが独立型でゆったりしていて快適だった

そして何より毎日眺めていても飽きなかったこの景色が最高
プルマンKL部屋眺め2
9/22(fri)朝6:50ごろ 辺りが明るくなってきた時間

プルマンKL部屋眺め3
KLタワーは毎日ライトアップの色が変わっていた

プルマンKL部屋眺め
7:30には陽が昇ってライトも消えた

プルマンKLプール2
日中のKL街ブラは暑過ぎてホテルのプールでリラックス

プルマンKLプール
ダーリンご満悦

プルマンKL前
ホテル前の道路、奥の陸橋を渡るとパビリオンとつながっていてとても便利

鉄道駅は少し歩くけど、無料巡回バスGOKLのバス停が陸橋下の少し先にあるので不便さは感じなかった
今回はGOKLだけで用が済む街ブラだったから電車に乗らずじまい

9/22(fri) の街ブラはビギナーお決まりの観光ルートめぐり

無料巡回バスGOKLパープルラインに乗ってチャイナタウン地区のパサール・スニ駅まで行き
20170922セントラルマーケット1
まずはそこから歩いて数分のセントラルマーケットに来た

アーケードの左手の建屋に入ると
20170922セントラルマーケット2
お土産屋さんが軒を連ねるセントラルマーケット

20170922セントラルマーケット3
ここ数年は各地で石鹸も良いお土産として売ってますね

ひと通りのお土産を物色したらセントラルマーケットから北へ少し歩く

ここがクアラルンプール発祥の地
20170922KL発祥の地
クアラルンプールとは「泥の川が交わる地」という意味で、ここクラン川とゴンバック川の合流地で
スズが見つかり、以来クアラルンプールはスズ鉱山の町として開拓され栄えてきたそう

20170922KL発祥の地2
川に沿って遊歩道があり

川側はスルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)の裏側になる工事中で通り抜けできなかった
20170922旧連邦事務局
植民地時代を象徴するビクトリア様式、ムーア様式、ムガール様式の融合した建物

表側に回るとムルディカスクエア(独立広場)1957年8月31日に独立が宣言された場所
20170922ムルディカスクエア
この辺りは行政の中心地で近代的な建物とイギリス統治時代の面影を色濃く残すエリア
ここち1992にKLを訪れた時にひとり歩きをしたのもたぶんこの辺りかも。。。

日影が無く、バテ気味になりながらムルディカスクエアの端っこにある
20170922KLシティギャラリー
記念撮影ポイントKLシティギャラリーでハイポーズ

シティギャラリーの道の向こうに国立織物博物館
20170922KL織物博物館
赤レンガと石膏の縞模様はイギリス様式、玉ねぎ型のドームはインド様式の融合
旧鉄道事務局が博物館になっている

ここでここち'sダーリンが暑さのためギブアップ。。。
KL発祥の川の合流地点の先からGOKLに乗ってブキッ・ビンタンへ戻ることに

ブキッ・ビンタンのスンガイ・ワン・プラザの中にあるジャイアントスーパーマーケットで
調味料やホワイトカレーとアッサムラクサのインスタントラーメン、チョコなどを色々物色しつつ
20170922ブキッ・ビンタン徒歩
暑さでフラフラになりながら、小腹が空き向かったのは

老舗バクテーのお店新峰肉骨茶(シンホウバクテー)
20170922新峰肉骨茶
時刻は14:00を過ぎたくらいだったけど地元ッティやタクシーで乗り付けた中国人観光客で賑わってた

バクテーとは豚肉を漢方で煮込んだシンガポールやマレーシアで定番の料理
20170922新峰肉骨茶バクテー
見た目も地味で辛くない中華料理にあまり興味をそそられなかったため今まで食べたことがなかった

しかぁ~しわたくし、バクテーをなめておりました これメッチャ美味しい~~~
20170922新峰肉骨茶バクテー2
スープはあっさりだけど漢方のコクがあり、疲れたカラダに効きそうで、ごはんにかけても良し
甘めで濃い中国醤油と唐辛子に付けて食べるスペアリブとホルモンがめっちゃ柔らかくてオイシイ~

赤いテントのおかげで美味しそうな色合いに見えないのが残念だけどスープが最高
20170922新峰肉骨茶3
バクテーはお店によって味がマチマチらしいのですが、ここの味はドストライクでした

そしてKL随一の繁華街ブキッ・ビンタン滞在中何度も歩いたところをご紹介

ブキッ・ビンタンの中心にあるパビリオン
20170920パビリオン
ここの前が待合せ場所なのか、いつも大勢の人で賑わってた

20170920パビリオン2
KL到着すぐにここからアロー通りを目指した

20170920パビリオン3
パビリオンの中は迷子になるほど巨大なショッピングセンター

20170920パビリオン焼肉屋
ダーリンが見つけたちょっと???な焼肉屋さん

20170920パビリオン仁ビール
パビリオンの南北に抜ける通りはBARが立ち並びいつも外国人で賑わっていました

20170920ブキッ・ビンタン
パビリオン前からブキッ・ビンタン通りは人通りが多くマネーチェンジャーも多い

20170920ブキッ・ビンタン2
老若男女問わずたくさんの人達が歩いてとても活気がある

20170920ブキッ・ビンタン3
斬新で派手な建物も多く、夜遅くまで賑やかな通り

KLのほんの一部しか見ていないのだけど、マレーシアの人々は潤っていてパワフルだった
タイやシンガポールよりもちょっとのんびりとした擦れていない優しい表情の人々が多い気がする
9/21(thu) の街ブラはクアラルンプール最大のビジネス街KLCC(クアラルンプールシティセンター)にある
ペトロナスツインタワーへ行ってみた

20170921ツインタワー1
ホテルのあるブキッ・ビンタン地区からKLCCまでは空中遊歩道ウォークウェイで繋がっていて歩いて15ほど

20170921ツインタワー2
高さ452mのペトロナス・ツインタワーはKLの近代化を象徴するシンボル的建物

20170921ツインタワー4
日本と韓国の建設会社が一棟ずつ建造し、建設中に韓国側のタワーが傾きかけ
それを支える為、間にあるスカイブリッジを結んだとか・・

20170921ツインタワー3
ツインタワーの南側は広大なKLCC公園となっていて地元ッティの憩いの場でもあります

20170921ツインタワー5
ここで写真を撮っていると地元ッティがスマホのカメラに付ける広角レンズを売り込んできて
メッチャ上手いセールストークで思わず買ってしまった(*^▽^*)RM40 バッチリ撮れてる^^

20170921ツインタワー6
ペトロナス・ツインタワーの下はスリアKLCCというショッピングセンター

20170921ツインタワー7
ツインタワーの北側に出るとこちらが正面入り口でKLCCの鉄道駅とバス停がある

20170921KLCC.jpg
近そうなのでここからKLタワーまで街ブラで行くことに

と思ったけど、近くに見えたKLタワーまで幹線道路が多く抜けられなくて、日中の陽射しは強く、けっこう歩いた。。

KLタワーは2つ展望台があり、より高い屋外のスカイデッキまでRM105(¥2,835)/人 高いけど行きたい!!
と訴えたここち、それを高所恐怖症のダーリンに強固に拒否され^^; 屋内展望台だけRM52(¥1,400)/人
20170921KLタワー景色1
地上276mの高さだけど高台にあるためKLの街を一望できる スマホ用広角レンズ大活躍!

20170921KLタワー景色2
ここからペトロナス・ツインタワーは角度的に重なってしまって上手く見ることはできませんでした

20170921KLタワー
KLタワーも下から見上げるとカッコいい

ここからは市内の無料巡回バスGOKLのパープルラインでブキッ・ビンタンまで戻りアロー通りへ

翌9/22(fri) パビリオンバス停からGOKLグリーンラインで夜のKLCCへ
20170922パビリオンバス停
ホテルのプレミアムラウンジでお酒を楽しんだあとでホロ酔いです(;^ω^)

ライトアップされたツインタワーはお昼にも増してとても綺麗
20170922ツインタワー1
夜のペトロナス・ツインタワーを写真に収めようとバス停前は人で溢れていて大賑わい

20170922ツインタワー4
案の定、スマホの広角レンズを売ってる地元ッティがたくさんいて寄ってきた^^もう買ったよ~♪

20170922ツインタワー2
迫力がありますね~

20170922ツインタワー3
近代化が進むKL 日本より洗練された都会で活気がある

20170922ツインタワー5
KLタワーのライトアップもキレイでした

至るところにマレーシアの国旗が飾られ、マレー系、中国系、インド系と多民族ながら国民の愛情を感じる
今年のサマーバケーション レダン島でビーチリゾートを満喫したあとはマレーシアの首都クアラルンプールに

ここちがクアラルンプールの街を訪れたのは今回で2回目。1回目は1992年オーストラリアのワーキングホリデーを
終え、帰国前にストップオーバーで2日間滞在したのだけど、記憶が曖昧。。。
当時はパースで苦楽を共にした仲間と別れ帰国の途に独り飛行機に乗り込み泣いているここちに隣に座っていた
中国系マレーシア人の男の子が大丈夫?と声を掛けてくれた。彼はパースに語学留学中で一時帰国だと言う。
クアラルンプールに知り合いがいないなら、僕の両親が空港まで迎えに来てくれるから、ホテルまで送ってあげる
と言ってくれてその言葉に甘えさせてもらった。BMWで迎えに来てくれたご両親も親切で、滞在中何か困ったことが
あったら連絡しておいでと連絡先のメモをくれた。
1992にはKLタワーもペトロナス・ツインタワーもまだ無く、ガイドブックを持ち合わせてないここちはホリデーインに
泊まったこととその周辺をブラブラ歩いたことは覚えているけど、当時の写真も残ってないし、もうそのホリデーインも
無くなってるみたいで?どのあたりを歩いたのかもわからない。。

という事で、今回のクアラルンプールの街ブラはめっちゃベタなコースを楽しんでみました
KLに飽きたら最後の日はマラッカに行ってもいいなと思ってたけど飽きる事無く3泊をKLで過ごした

9/20(wed) ホテルにチェックインしたのが遅かったので早速晩ごはんを食べに向かったのは
有名な屋台街アロー通り
20170920アロー通り1
通りのことをJl.ジャランと呼ぶのはインドネシアと同じ

20170920アロー通り3
通りの両サイドに屋台が立ち並び、その奥に店舗があって食事ができる

20170920アロー通り4
立派なエビが並ぶ串焼き屋さん

入ったのはアロー通りのいちばん奥、ミッキーマウスみたいな絵の看板が目印で偽ミッキーのお店と呼ぶここ
20170920アロー通り手羽先屋
手羽先が美味しいと有名なW.A.W レストラン

20170920アロー通りサテー
懐かしのサテーは文句ナシのウマウマ~

こちらが名物炭火で焼いたチキンウィング
20170920アロー通り手羽先
醤油ベースのタレが日本の味に似ていて食べやすいここち的には期待していた程ではなく、フツーかなぁ~

20170920アロー通り手羽先仁
けどダーリンは「ウマい!ウマい!」としゃぶりついてた

サテー10本、手羽先4本、アサヒビール大ビン(RM24/本)2本 晩ごはんしめてRM72.4(¥1,955.-)

20170920アロー通り2
お腹も満たされ、ブラブラとアロー通りを楽しみました

翌9/21(thu)も街ブラしたあと小腹が空いて夕方にアロー通りへ
20170921アロー通り1
夜と違ってお昼は閑散としているらしく、17:00前でまだお店が開いてない。。。

通りの入口で呼込みしていたお店で
20170921アロー通りマッサージ
先に足つぼマッサージを受けることに60mim RM50(¥1350)

20170921アロー通り2
時間は18:00 ボチボチお店もオープンし始めた

この日はラクサがどうしても食べたくて探すと
20170921アロー通りラクサ屋1
マッサージ屋さんのすぐ横アロー通りの入口の屋台がそれだった

20170921アロー通りラクサ屋2
大きいお鍋のスープはカリーミー

20170921アロー通りラクサ屋3
こちらがアッサムラクサ

20170921アロー通りラクサ
ビールは置いてなく、通りの向かいにあるセブンイレブンで買ってきてと言われた

このアッサムラクサ、この旅イチバンと言っていいくらいめっちゃオイシイ~~~
20170921アロー通りアッサムラクサ
ミントの葉とタマリンドの酸味が効いたあっさりだけどガツンと舌にくる辛さがたまらなく美味しい
麺は半透明の中太

20170921アロー通りカレーヌードル
カリーミーは厚揚げがカレーのスープをよく吸って美味しくココナッツの甘みでまろやか
お好みでライムを絞って 麺は黄色い玉子麺

20170921アロー通りラクサ屋4
ここちが「美味しい!オイシイ!!」と食べてると周りの地元ッティーの人達がみんなニコニコして見てた

アッサムラクサ、カリーミーともそれぞれRM14(¥378)
タイガービール500ml2缶でRM25(¥675) ビールは高いです

アロー通りの裏路地に入ると
20170921アロー通り路地裏
外壁一面にクーラーの室外機だらけ

9/20(wed) レダン島4日目の朝
20170920ターラス朝
前日の嵐がウソのように爽やか

20170920ターラス朝2
朝食の前に先ずビーチに出てみると波はまだあるもののとても気持ちの良い陽射し

20170920ターラス桟橋
嵐で桟橋は壊れて使えなくなってた

最後の朝食をオープンエアーのテーブルで取っていると
20170920ターラス朝リス
かわいいリスが近寄ってきた

20170920ターラス朝リス2
警戒しながらも餌をもらっているのか人に慣れてる

食後の散歩をしていると
20170920ターラス朝サル
おサルさんや

20170920ターラス朝コモドドラゴン
コモドドラゴンも色んな住人達が現れた

ビーチに下りてくると

しっぽの長いカワイイおサル達が遊んでた

陽射しがきつくなってきた
20170920ターラス朝3
残り少ないターラスの時間を噛みしめる

20170920ターラス朝4
気持ちイイひととき

20170920ターラス朝5
この日も快晴 水着に着替えたぁ~い

20170920ターラス朝6
海に負けないくらい青い空

20170920ターラス朝7
本当にここは楽園ビーチ

ゼッタイまた来る と心に誓い、ホテルを後にすることに

ホテルのピックアップバンでレダン島ジェティに
20170920レダン島ジェティ
帰りは来た時のホテルトランスファーとは別のパブリックボートに乗ります

20170920レダン島ジェティ2
引き潮で下が見えないけど、これ2階建てボート

13:00レダン島ジェティ出発

14:10シャーバンダージェティ着
20170920シャーバンダージェティ
後ろにいるタクシーのおじちゃんにしつこく客引きされたけど、フライトまで時間があるから街ブラすると伝え
荷物預けるところない?って聞くと、後ろのチケット小屋のおじさんを呼んできてくれて、そこでスーツケース
2個RM10で預かってもらっえた

20170920シャーバンダー1
タクシーのおじちゃんに後でねと言ってクアラトレンガヌ散策へ

20170920シャーバンダー2
ジェティのすぐ横を抜けると市場があり

セントラルマーケットへと続く
20170920シャーバンダー3
中は食材やスパイスなどが山積みされたお店が並び迷路のよう

20170920シャーバンダー4
クアラトレンガヌはバディックが有名でキレイなバティックのお店もたくさんあった

20170920シャーバンダー6
セントラルマーケットの先にはチャイナタウンがある

20170920シャーバンダー5
徒歩圏内はこんな感じ

とにかく陽射しが強くて少し歩いただけで汗が吹き出し、街ブラどころではなく30分ほどで退散
さっきのタクシーのおじちゃんに乗せてもらって空港へ向かうことに
シャーバンダージェティからスルタンムハマド空港まで25分RM30

クアラルンプール行のエアアジアがまたまたディレイ。。17:15発→18:05発でKLIA2には18:55着
時間も遅くなったし電車の乗換えも面倒だったから空港タクシーを使うことにしたRM84.3
KLIA2からクアラルンプールの中心地まで、タクシーを快適に飛ばして50分

20170920クアラルンプール
ホテルにチェックインして部屋に入ったのはもう20:30

疲れたぁ~

次回からはマレーシアの旅クアラルンプール編です











レダン島3日目の午後、シュノーケルに出て1時間くらいして急に雲行きが怪しくなり、波が出てきた
シュノーケルに夢中になってたここちですが、ダーリンに促されビーチに戻ることに

天候はみるみるうちに荒れだし、ビーチに着いた頃には雨と風が激しくなって突然の嵐になった

慌てて避難しつつ海水を落とすシャワーもままならず海道具を片付ける

荷物をまとめ部屋へと戻った頃にはドシャ降りの雨になり、ホットシャワーで冷えたカラダを温めた

雨は1時間ほどで止み、17:30過ぎに着替えてビーチに出てみると
20170919ターラスストーム
穏やかだった海が見違えるほど波が高くサーフィンをしてる人が出てた

桟橋へ行ってみた

先端まで行ってみたかったけど、シャワーを浴びて着替えてたので断念
最高のキレイだった桟橋の画像はこちらをご確認くださいませ
http://purecocochi.blog15.fc2.com/blog-entry-732.html

ターラス最後の晩はレストランで食事をしようと行くと18:30のオープンだったため
ターラス3日目バー1
やっぱりこちらでおビール

ターラス3日目バー2
こんなに海が荒れるのはめずらしいのかレストランのシェフやホテルスタッフも出てきて心配そう

ダーリンはビーチバーでおビール2杯をいただいて、ちょうどお時間となり
ターラス3日目ビーチレストラン
こちらビーチブラッスリーでお食事です

ターラス3日目ビーチブラッスリー1
ターラス最後の晩はワインを頂きました

ターラス3日目ビーチブラッスリー2
ニソワーズサラダはマグロのタタキも入ってボリューム満点で美味

ターラス3日目ビーチブラッスリー3
ペンネアマルフィはあっさりオイルベース

キャッチ・オブ・ザ・デイはその日に捕れた魚介プレート
ターラス3日目ビーチブラッスリー4
こちらも海老、貝、マグロ、ハマチ?などボリューム満点で美味でした

ターラス3日目ビーチブラッスリー5
レダン島最後の夜に乾杯

ターラス3日目ビーチブラッスリー6
大満足で食事を終えた頃にはすっかり暗くなってた

ターラス3日目バー3
夜のビーチをお散歩して空を見上げると手が届きそうなほど満天の星が
しばしカウチに横になり夜空を見上げ美しい星に見とれていました

ターラス3日目ロビー
日中は少し暗いロビーも夜は明かりがきれい

ターラス3日目ロビー2
ターラスを満喫した夜になりました
9/19(tue) レダン島3日目の朝

夜中から降り始めた雨が8:00am過ぎにやっと止んだ
20170919ターラス3日目プルメリア
雨のしずくにプルメリアが映える

ターラスの朝食は欧米人向けか?ローカルフードは少なくあまり美味しくなかったかな
20170919ターラス3日目3
この日はノーアイデアだったからコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごす

朝食後、お天気が不安定だったから広いターラスの敷地をまずはお散歩することに

20170919ターラス3日目1
ガーデンエリアは雨に濡れた木々の緑がより一層深くてキレイ

20170919ターラス3日目2
ガーデンスイートエリアには池があって

20170919ターラス3日目オオトカゲ
オオトカゲ?が住んでた

20170919ターラス3日目4
ビーチの奥から崖の上にある宿泊棟へと向かう階段がある

20170919ターラス3日目5
フィットネスジムからビーチが一望できた

20170919ターラス3日目6
お昼からはビーチサイドでまったり過ごす

20170919ターラス3日目8
ハンモックに揺られたり

20170919ターラス3日目7
カウチでのんびりしたり

20170919ターラス3日目9
相変わらずお天気は優れず。。。

20170919ターラス3日目10
14:30頃シュノーケルに出た

20170919ターラス3日目シュノーケル仁
海の中は透明度も良く

20170919ターラス3日目シュノーケル
キレイだった

20170919ターラス3日目シュノーケル2
魚影も多くて楽しい

カワイイ魚たちを動画でどうぞ




ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる