pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

『チェ28歳の革命』『チェ39歳別れの手紙』を観てきました。

キューバの地を訪れたことのあるここちにとって感慨深く、「革命の英雄チェ・ゲバラ」は有名ですが
これを観てやっと少し“チェ・ゲバラ”という人物像がわかった気がします。
面白い映画という位置づけにはそぐわないかもしれませんが、なぜ彼が革命の英雄と称えられ愛され
たのか、彼の強い信念と一途な想いが怒涛のごとく胸に迫ってくる映画です。映画を見終わってしば
らくは、コトバにならない沸々とした静かな感情が全身を覆う感覚を覚えました。
もしも、キューバを訪れる以前にもっとキューバの歴史を勉強し、この映画のように彼のことを理解して
いればと残念に思います。

ここちがキューバを訪れたのは1997年7月。もう12年も前なんだ・・・

知らずに訪れたのですが7月26日はキューバの革命記念日に当たります。7月29日ハバナで泊めて
もらっていたおうちから外をのぞくととても騒々しく、ママが「今からカストロが演説するわ」と教えてく
れてテレビをつけると画面と外の様子が同じ。そしてカストロがテレビに!慌ててカメラを持って外に
飛び出しました。ハバナ大学前でカストロの演説があったのです。凄い人混みにカストロをカメラに
収めることはできませんでしたが、チェ・ゲバラと革命を称え賞賛するキューバ国民の熱気をリアル
タイムで経験しました。

CUBA革命記念日1


CUBA革命記念日2

ハバナで泊めてもらっていたおうちのことは過去のブログ『明るい貧乏』の後半で紹介しています。

映画ではまた、久しぶりに耳にしたスペイン語がとても気持ちよかったのです♪もう会話するほど
できませんが、いろんな単語が思い出されて、字幕にない言葉の意味が分かって嬉しかったな^^

チェ・ゲバラを調べていると面白い記事を見つけました。
キューバ革命後に彼は日本を訪れているのです!!その時のエピソードも面白く、大阪のホテルを
抜け出し夜行列車で広島を訪れたそうです。これを見ても彼という人柄が伺え知れます。

日本来訪
1959年7月15日、31歳のゲバラはキューバの使節団を引き連れて日本に訪れた。当時の日本での
知名度は低く、朝日新聞が“カストロ・ヒゲ”と揶揄同然に報じたのみで、他社には無視された。
7月23日には午前中に愛知県のトヨタ自動車工場のトラックやジープの製造ラインを見学、午後には
新三菱重工の飛行機製作現場を訪れた。24日には久保田鉄工堺工場で農業機械の製作を見学し
実際に農業機械を動かして試した後、丸紅、鐘紡と回って夕方に大阪商工会議所主催のパーティー
に出席した。この他にもゲバラは通商のために帝国ホテルで池田勇人通産相に15分間の会談を行
い、ソニーのトランジスタ研究所や映画撮影所、肥料工場などを回った。

7月24日の大阪に泊まった際、当初は翌日に神戸の川崎造船所を視察後、市内のホテルで繊維業
者と会う予定だったが、広島が大阪から遠くない事を知り、オマール・フェルナンデス大尉とマリオ・ア
ルスガライ駐日大使を伴い宿を抜け出して夜行列車で広島に向かった。25日に広島県庁職員案内の
下、広島平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れた。

中国新聞の記者であった林立雄が単独取材した。なぜ日本人はアメリカに対して原爆投下の責任を
問わないのかとゲバラは言ったという。彼はヒロシマをキューバに伝えた。以来、キューバでは現在で
も、初等教育でヒロシマ・ナガサキをとりあげている。

日本各地を視察した後、27日に日本を発ってインドネシア、パキスタン、スーダン、ユーゴスラビア、
ガーナ、モロッコを歴訪して9月8日にハバナへ戻った。翌年には日本とキューバの通商協定が締結
され、現在も継続中である。









スポンサーサイト
最近読んだ本『マシアス・ギリの失脚

南洋(現在のミクロネシア諸島)の架空の島、ナビダード民主共和国を舞台にマシアス・ギリという
ひとりの大統領を描いた物語です。

普通に読めばとびきり面白い作品という訳ではないのですが、パラオの生活や裏事情を知っている
人間として別の意味でなかなか楽しめる内容でした。

青くどこまでも広がる美しい環礁に囲まれた小さな南の島で起こる、前大統領の暗殺、慰霊団が訪れ、
日本との政治的利害が渦巻き、伝統を重んじる島の暮らしと政治との間の歪みの狭間で揺れる
大統領マシアス・ギリ・・・
舞台は架空の島だけど、読めば読むほどパラオに重なってきて、絶対この作者はパラオを題材に
この作品を書き上げたのだという確信に迫ります。
本文にはパラオ、ヤップ、ポナペにも触れ、物語の中には1783年ウーロン沖で座礁したアンテロープ号の
こと、当時アンテロープの乗組員といっしょにイギリスへ行って天然痘で亡くなったパラオの王子リー・ボー
の亡霊が大統領マシアス・ギリの相談相手として登場し、パラオの歴史も上手く使われています。

池澤夏樹氏の作品を読むのはこれが4冊目。初めて読んだのは10年以上も前『南の島のティオ』でした。
タイトルに魅かれて手にし、アメリカへ向かう飛行機の中で読んだのですが、こちらはとても夢のある
優しい本でした。そういえば、この本どこにいっちゃったんだろう・・・
この本の印象のまま2冊目の『花を運ぶ妹』を読んだここちは激しく動揺することになるのですが・・・
こちらの本もバックパッカーを経験し、バリ島の諸事情も少しは心得ている人間には現実味があり過ぎる
リアルな表現がなされたディープで苦しい内容です。

マシアス・ギリの失脚、著者の思惑かパターンなのか、なかなか読み進み辛い本です。
興味のある方は読んでみてはいかがでしょう?
寒い2月雪の結晶は牡蠣がいちばんオイシイ季節あ 広島育ちのここちは牡蠣が大大大好きぃーーーheart02heart02heart02
ずっと昔から自分が死ぬ前、最後に食べたいモノはカキフライ指と公言しているほど 笑

子供の頃、誕生日にはお母さんが自分のイチバン好きなものを作ってくれる唯一の日なのに
「カキフライが食べたい♪」とリクエストをしたら夏だからムリ!(ここちは7月生まれ)と言われ、
「なんで誕生日が冬じゃなかったんだろう」と真剣に思ったものでした(*^_^*)

毎年この時期ここちの実家に広島の大垣島から大粒でプリップリの美味しそうな牡蠣が届きますニッコリ笑顔

カキフライ
大皿に山盛りのカキフライが三回転8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-10:LeafGreen(色付-暗い背景用) 好きなだけどうぞ~って具合にコレを食べるコトでやっと
満足満足!ここちの冬は終わったぁ~と実感できます(^^ゞ

色々ある牡蠣料理の中でもここちは特にカキフライが好きなのですが、牡蠣料理は何でも好き、螯rヲW、J、O
先日、新しい生牡蠣の食べ方をオモニ直伝で教えてもらいました^^v
韓国風牡蠣の酢の物キラキラ
牡蠣韓国風
これ、めっちゃお酒のアテにイケマス~ハート*赤×ピンク/並べてバナーにも(´ε`)ノ(白い背景用)あっさりとすっぱ辛くて喉ごしすっきり新しい味!

前世が韓国人かタイ人か(←昔トレッキングでタイの山岳民族リス族の村を訪れたとき
やたら美人だ美人だと褒められその時生まれた場所を間違えたと思った経験あり)
はたまた四川省出身中国人かというくらい辛いモノ好きですっぱいモノ好きのここち
ピッタリときました^^ でもダーリンの事を考えて辛さはちょっと控えめに作ってみたら、
ダーリンも「これはウマイ!」と気に入ったご様子(^○^) みなさんもお鍋の箸休めなどにどうぞ~

作り方はこちら





⇒続きを読む

エントリーしていた春の第7回ロハスフェスタの出展決定の連絡がきましたキラキラ まだ少し先ですが、
4月25日(土)26日(日)の二日間です。みなさんお時間があれば是非遊びに来て下さいね四葉
ここち夫婦の憩いの場トリトニックさんと山根屋さんも出展です、螯rヲW、J、O

09.Janソープ
そして、オーダーが入ったのをきっかけにまったりのんびりソープ作り再開してますheart02
まだまだ寒い季節ですが、お部屋の中は暖かいので夏の仕込みより快適な環境です^^

ロハスフェスタ申込用
ポカポカとした陽射しが心地好くお部屋に射すとほんと気持ちイイですね~
今回もおいしそうな石けんをたくさん作ってここちDiningからロハスフェスタにお届けしまぁ~っすハート

そして、先週アリーカフェさんにもここちソープを納品させて頂いてブログで紹介してもらってますjumee☆sun1
海老名でも応援してもらってることが自分自身励みになり、とてもうれしく心強いです。ありがとーー笑い。
その期待に答えられるようより一層精進して頑張らねばっ絵文字名を入力してください

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

この人とブロともになる