pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

ここち家お気に入りのデイリーワインで唯一リピート買いを続けている白ワインがこちら

フォンタナ・カンディダ<サンタ・テレーザ>フラスカティ/スペリオーレ
サンタテレーサ
爽やかな香りにドライなのど漉しが思わず「あ~オイシイ」と声に出てしまうエレガントな味わいなのです
しっかりとした食事にも、食後のチーズなどと一緒にも楽しめるのでとても便利な上、和食にもピッタリ
ここち家ご用達のワイン・グローリアス、フランチェスコさんからこのワインのコスパは類を見ないとおススメ
頂いて以来、白ワインはこれ!というくらいお気に入りで重宝しております。

そして、最近週末はせっせと石鹸の仕込みに取り掛かっているため外出できないここちの息抜きはそんな
お気に入りワインといただく休日ブランチ
ブラックオリーブとミンチのパスタ

ブラックオリーブとミンチのパスタ
ニンニクと赤とうがらし、玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒め、豚ミンチを加え火が通ったら
アンチョビフィレと刻んだブラックオリーブを加え白ワインと塩コショウで味を整えパスタと和えました。
(豚ミンチ無しでも美味しくいただけますよ^^)

つまみはあるモノづくしで名無しのフリット
キャベツ、しいたけ、にんじんのみじん切りを1分チンしてボールに入れ、そこに豚ミンチ残り、高野豆腐の
摩り下ろし、粉チーズ、ピザ用チーズ、いしり醤油、砂糖を加えて混ぜ、シソの葉と一緒にワンタンの皮で
包んで揚げました。

白ワインとの相性バッチリ ここち’sダーリンも旨いと満足、★3つもらいました

スポンサーサイト
昨年の夏にイベントでお世話になったfevesさんはヴィンテージアクセサリーSHOP
お店にはアクセサリーはもちろん、たくさんのパーツもあり、自分のオリジナルアクセサリーを作ることができます

ずっとやってみたいと思っていたネックレス作りに先日お邪魔してきました
手作りアクセサリーは全くの初めてだったここち、ちょうど今月のLessonのネックレスが可愛くてイメージにも近かった
ので、まずはこちらを作ることにしました。

手先の器用さが求められる細かい作業でしたが、ひとつひとつ進めていくうちにコツを覚えパーツをつなげて出来上がって
いく様がとてもワクワクして完成した時には「やったぁ~\(^o^)/」っていう感じですごく楽しかったです。

イベントでお世話になったIさんに教えてもらいながら作ったのがこちら
fevesネックレス1
基本のスタイルに目に留まったチャコールのパーツをトップにひとつ加えて
ここちオリジナルのネックレスになりました♪

fevesネックレス3
うん、カワイイ~ 今からいろんなアイテムに合わすのが楽しみぃ

fevesネックレス4

今年に入って頭の痛い出来事が目白押しでナーバスな日々を送っていたここちですが、ネックレスを作っている間
そんな事を全部忘れて集中でき、しばし楽しいひとときに身を任せて心穏やかな時間を過ごせました。

教えて下さったIさんもふんわりほんわかした雰囲気を持った可愛くて素敵な女性で、彼女といるとそれだけで
癒されるここちでした^^ ハンドメイドアクセサリーにもハマリそうだし、また癒されに伺いたいと思います(*^_^*)

お気に入りキッチングッズの活力なべ料理 いろいろ作っているのですがブログにUPしないまま時が過ぎ・・
そこでずいぶん前のネタですが、圧力鍋でゼッタイ作ってみたい料理NO.1はやっぱり豚の角煮でしょ
ということで活力なべをGetして間もない休日にLet's try した時のものをご紹介

豚の角煮1
まずは豚バラを白ネギの青い部分としょうがと共に圧を掛けました。

豚の角煮2
次に調味料を加えて大根と豚バラを入れて再度圧を掛け味を整えます。

豚の角煮3
そして出来上がったのがこちら オオ~ホンマに簡単で感激~~

豚の角煮4
もちろん、軟らかぁ~い角煮は絶品の美味しさでございました
大阪府庁
先日、仕事で外務省大阪分室の手続きが必要になり初めて大阪府庁へ行って来ました。
府庁の建物はとても古く重厚でレトロな趣がマニアにはたまらないかも!?ここちのハートもくすぐられ
仕事で出向いたのですが、思いっきりパシパシ写真を撮っちゃいました 笑

大阪府庁エントランス
ちゃんと外務省大阪分室の看板が。エントランスはどっしりとした構えで入口には警備員さんが2名立ってます。

大阪府庁中央吹き抜け
中に入って正面には立派な階段と広い吹き抜けになってます。

橋下知事
階段の横に橋下知事の看板が^^ 『E3』ってなんだ?

大阪府庁エレベータ
外務省は3階。エレベーターの扉は3枚で2枚しか開きませんでした

大阪府庁廊下
建物の中はやっぱり古さを感じさせます。廊下はさながら学校のよう。

大阪府庁窓ガラス
古いけど、この窓枠や飾りガラス好き

大阪府庁階段スペース
階段の踊り場この雰囲気いいと思いませんか


府庁のエントランスやドア枠などに施されている彫刻はとても素敵です
よく観ると、どれもぶどうのような果実が木の房になっている模様なのですが意味があるのかなぁ・・
大阪府庁エントランス2
大阪府庁エントランス4
大阪府庁エントランス3

海外をフラフラしている頃はその国のシティホールなど足を運ぶことが多かったのですが、自分が住んでいる国のこういう
場所には行かないものですね。なかなか楽しい府庁訪問でした^^

先月、父親の誕生日と去年11月に古希を迎えてた母親のお祝いを兼ねて能登半島へ家族旅行へ行ってきました
宿泊した朝に深々と降る雪が能登の景色をより一層趣のあるものとし心に沁みました。

百楽荘雪景色

ここちが今回チョイスしたお宿は能登半島の東にある小さな入江、日本百景にも選ばれている九十九湾に面して
ひっそりとたたずみ風格と気品あふれる全26室のやすらぎの宿百楽荘

お宿の景色やお部屋はもちろんのこと、スタッフひとりひとりがみんな素敵な笑顔で対応してくれた上、プロ意識を
感じられるとても細やかな気配りや心遣いに溢れ、本当に気持ちの良いひとときを過ごさせてもらえました。

夕食に指定された場所へ出向くと名乗らなくても「どうぞこちらへ」とお祝い用の特別個室に案内してもらい、おしながき
には名前が記載されており、お宿からサプライズの演出でよりお祝いが盛り上がり、お食事の器ひとつも彩りよく、
日本酒を頼んだら好みのお猪口をチョイスできたり、何もかもが素敵でした。

スタッフは若い女性が多くみんな地元出身の子らしく、食事のお世話をしてくれた子は15年都会で働いた後、地元
能登に帰ってきて、自分の求めるすべてがここにあったと目を輝かせて教えてくれました。彼女は今、お米や野菜を
自分で作り、ほとんど自給自足の生活を送っているそう。キレイな顔立ちの女性でしたが内面から溢れる能登美人でした。

滞在中はさりげない気遣いが自然でお仕着せでない心からのもてなしに最高の気分を味わうことが出来ました
両親も本当に思い出に残る良い旅だったと喜んでくれ、ここち自身は初めてなんどもここに訪れたいと思ったお宿でした

宝珠の間2
両親の部屋は純和風の宝珠という特別室を用意してもらいました。九十九湾のいちばん良い景色を望むゆとりの15帖

宝珠の間書院
部屋の片隅に書院がありここからの風景は格別でした。

マキ釣りアジ
入江の桟橋で釣りをしてアジがたくさん掛かりました

夕食ゆかた
ゆかたは男女とも自分の好みのものを選べます。ダーリンもイイ男だわ~

百楽荘アジの唐揚
釣ったアジはお願いすれば夕食の一品にして出してもらえます

マキママ古希祝い
お宿からのサプライズは誕生日と古希のダブルで祝の文字入り鯛の塩釜焼き2台もいただき、さらに母には古希の衣装
紫のちゃんちゃんことずきんを貸して下さいました^^

百楽荘茶碗蒸し
食事は本当に一品一品がとても上品で美味しく日本酒がススム絶品、目にも楽しく器も女性の心をくすぐります

九十九湾の朝
早朝深々と降っていた雪も上がり入江がとてもきれい

百楽荘朝食
手を抜かないすばらしく旨い朝食は食べ応え十分

百楽荘親子写真
チェックアウトが11時なので食後のんびりと桟橋を散歩 ちょっぴり親孝行のここちでした








ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

この人とブロともになる