pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

5月3日(tue) 5:36 ホテルテラスから日の出を観賞
セドナ朝焼け
少しずつ朝焼けに染まる景色を眺めた後はベッドにもぐり2度寝し疲れを解消してからゆっくり支度


4ツ目のボルテックスはセドナの中心からいちばん離れた郊外にあるボイントンキャニオン
ここにカチーナウーマンという女性エネルギーの岩とノウルという男性エネルギーの岩が向き合っています

11:00 ボイントンキャニオンの入口に到着
ここのトレイルコースは片道3時間くらいあるのですが、ボルテックスまでは20分くらいで行けます
ボイントンキャニオン全景
あれがボルテックス 右にあるのがノウルてっぺんに人が見えます!その左となりがカチーナウーマン

カチーナウーマンは近くに行くとラクダの頭みたいです
カーチナウーマン全景
手前に小さく人がいるの見えますか? V字になっているラクダの首の付け根のところまで登ります
急斜面をハードによじ登らなければならずここちは下からダーリンに押し上げてもらいながら何とか上へ行けましたが
後から来た欧米人女の子3人組は一人は登って来たけど二人が“コワイ~”と上がってきませんでした

カーチナウーマンたもとマキ
カチーナウーマンの女性エネルギーはとても優しくここちを包んでくれて居心地良い場所です

カーチナウーマンたもとヒトシ
やすらぎのひととき

ボイントンキャニオン崖っぷちヒトシ
ラクダのV字コブ側の岩に渡ったダーリン

ボイントンキャニオン崖っぷち
絶景と急な岩肌がアドベンチャー気分を盛り上げます

ボイントンキャニオン崖っぷちに座る
ここちもそこから景色を眺める

カーチナウーマン崖っぷち座るヒトシ
ラクダの首あたりでダーリンが何気に座っている岩ですが・・・

カーチナウーマン崖っぷちマキ引き
実はすっごい断崖絶壁に飛び出た岩

カーチナウーマン崖っぷちマキ
足元から下見えますか?ここちは足を置くのが精一杯で座るなんてできませんでした

ここから右を向くと
カーチナウーマンから見るノール
向かいのノウルを見下ろす事ができます

カチーナウーマンでここちがいちばん気に入った場所がここ
カーチナウーマン子宮
母親の子宮に戻ったような安らぎを感じます
スポンサーサイト
17:30 3ツ目のボルテックス、エアポートメサに到着 
エアポートメサはその名の通りセドナ空港近くにあり小高い丘という感じで登れます
エアポートメサ登るヒトシ

エアポートメサは男性エネルギーを持ったボルテックスです

エアポートメサ景色1
4つあるボルテックスの中でも比較的行きやすく、唯一360度景色を見渡せることのできる場所です
ここからもベルロックを望むことができてとても気持ち良い~

エアポートメサ景色2
この景色を望むだけでも心がスーッと洗われる気がするな~

エアポートメサ佇むヒトシ
ここち'sダーリンもボルテックスに佇み何を思ってるのかなぁ

エアポートメサふたり
ここも時間的に穴場だったのか、ふたりで貸切り状態だったのですごーくリラックスのひととき

エアポートメサ寝転ぶ
エアポートメサだけに飛行機ぃー こんなんもしてました
で、今度はここちがのぼせて?鼻血がでちゃいました

エアポートメサねじれた木
エネルギーに引っ張られ、こんなにねじれてしまうなんてやっぱりスゴイ威力です

そして、セドナのエアポートはサンセットポイントで有名だそうなので移動しその時を待ちます
エアポート夕日
赤い岩肌が夕日を浴びて更に赤く色づきます

19:11 サンセット
セドナサンセット

セドナの街に明かりが灯ります
セドナ夕暮れの街

すっかり暗くなってクタクタでホテルに戻り、お腹空いたぁーーー 
で、ホテル入口のメキシカンレストランが宿泊客は20%offなのでGO~
セドナディナー
ダーリンは待望のBigなリブステーキに大喜び ここちは手前こちらもBigなタコサラダ

お腹いっぱいになってBarコーナーでまったりワインとカクテルを飲みながら日程の打ち合わせ
セドナbar

当初の予定モニュメントバレーまで足を延ばすなら翌日には出発しなければ時間が足りないのですが悩んだ末、
モニュメントバレーは諦めてここセドナでもう1泊して残りのボルテックスを登ることに決定。

もう一日セドナを満喫して、この先焦らず欲張り旅を止めてゆっくりのんびり行けるところまで行く旅工程になりました
次のパワースポットへ行く前にちょっと寄り道

セドナ礼拝堂
ここはセドナの大聖堂 Chapel of the Holy Cross
レッドロックに埋め込んで建てられたその姿と総ガラス張りの前面にはセドナの絶景が見渡せます

セドナ礼拝堂から見るベルロック
さっきまでいたベルロックが正面に

セドナ礼拝堂レッドロック
レッドロックに囲まれたここも空気がキレイで気持ちイイなぁ

セドナ礼拝堂から見るカセドラルロック
向こうに見えるのが次のボルテックス、カセドラルロック

セドナ礼拝堂~カセドラルロック
さてさて、先を急ぎましょう~ 街中のドライブだけでも景色がキレイで楽しい~


15:30 レッドロッククロッシング到着
ここは州立公園でカセドラルロックを望むビューポイントでありオーククリークを挟んでトレイルコースが充実して
います。その美しい風景はセドナのみならずアリゾナ一の絶景撮影ポイントとして有名だそう。

本当にオーククリークの小川の流れとこの景色に心癒されるひとときです
レッドロッククロッシングカセドラルロックマキ
カセドラルロックは男性エネルギーと女性エネルギーがミックスされやや女性が強いそうです。大聖堂に似ていること
からこの名がつき、真ん中の岩がお釈迦様の手ともいわれているそう。

レッドロッククロッシングクリークとマキ
レッドロッククロッシングは女性エネルギーを持ち、小川とカセドラルロックから癒しと浄化をもたらしてくれるそう

レッドロッククロッシングカメラ設置
やっぱり絶景ポイントはクリークを渡らなければっ と靴を脱いで向こう岸へ渡ったここち
水がめっちゃ冷やっこ~いいーーー!! 歩き疲れてヘタッてたダーリンを呼んでもテンション低っ・・・ 

レッドロッククロッシングクリーク横断ヒトシ
しつこく誘うここちに根負け、やっとその気になったダーリンも冷やっこ~いいーーー
けど、ずっと歩きっぱなしでむくんだ足が一気にクールダウンで気持ちイイ~

レッドロッククロッシングクリークからハイポーズ1
そしてサイコーのポイントでハイポーズ

レッドロッククロッシングクリークから
これがオーククリークから望む絶景カセドラルロック

レッドロッククロッシングもゆっくり1時間半を過ごし、すでに17:00 まだまだ行きますよ~
さてさて、皆さんはここセドナがアメリカで最も美しい街10選に入り、またパワースポットとしても有名な事をご存知ですか?

街全体のどこを歩いていてもすごーく気持ちが良いのですが、数々の奇岩レッドロックに囲まれた美しい景観のセドナの
中にはボルテックスと呼ばれるパワースポットが4ヶ所あります。
ボルテックスとは渦巻きという意味で、大地からの強いエネルギーが渦巻き状に放出されているのだとか。

ボルテックスから発せられるエネルギーには男性と女性があり、男性エネルギーは大地から空へと上方向の流れを持ち
電気パワーが強く、自分の意識と宇宙をつなぐ力、進むべき道を導き出して前進していくパワーを与えてくれる場所と言われ、
女性エネルギーは大地へと向かう下方向の流れを持ち磁気パワーが強く、母なる大地に抱かれるような安心感を与え、
傷ついた心や疲れたカラダを癒してくれる場所と言われているそうです。

ここのとこ、お互い環境の変化に翻弄されていたここち夫婦早速パワーを貰うべくボルテックスに登ってみましょう~

12:00 まず最初に訪れたのは男性エネルギーがとても強いベルロック
ベルロック全景
フロントとかにあるチンするベルに似ていることがこの名の由来です^^これは南側から見たベルロックで、北側から
見るよりベルっぽいです。思ってたより大きくて高い!?

ベルロックに登るぞー
ベルロックを取り巻くようにトレイルコースがありここを歩いている人とは何度もすれ違ったのですが、登り口が見つからず
どこから登るのか???目印や指標も出て無いし登っている人も全然いないし、登れそうなとこもない・・・
ベルロックの北側までトレイルの道を歩いて勝手に自分達で登れそうな場所を探し、いざ!!

ベルロック登る
けっこう、よじ登らないと簡単には上に行けないです 

そして上はこの絶景
ベルロック北側景色
北側を望む中腹よりすこし上くらいの場所は開けていてとても気持ちがイイ~

ベルロック北側全景ヒトシ岩座
暑いのですが、湿度も低く空気が澄んでてすごーく気持ちがイイのです

ベルロック瞑想マキ
誰かが作ったヒーリング場所でしばし瞑想

ベルロックねじれた木
ボルテックスにはエネルギーに引っ張られたこんなねじれた木がそこかしこにあります

ほとんど人が登ってこなくてこのパワーを満喫していたここち達、更に登り口を探りながら南側へ
ベルロック頂上
頂上付近まで登れました~

南側の景色はこんな感じ
ベルロック南全景
でも南側へ来たとたん、急にここちの心臓がバクバクしてきて足がすくみ呼吸が荒くなって恐怖心に襲われたの

あれだけ気持ち良かったのが何処へ行ったのか?恐くて動けなくなって気持ちを落ち着かせようと必死に深呼吸を
繰り返した。しかも、突然強風が吹いてきて帽子も飛ばされそうで、高所恐怖症でもないのに膝がガクガク・・・

ダーリンはそんなここちをよそに相変わらずメッチャ気持ちイイ~って連発してなんとも無いみたいでした
ベルロック南岩上瞑想ヒトシ
気持ち良さそうに風を感じ瞑想してます

ベルロック南ヒトシ瞑想
大地からのパワーをしっかり受け止めてくださいませ

ベルロック南岩上マキ
ダーリンに促され、やっと岩の上に座ってみたけど瞑想できるほど心は穏やかではありません

ベルロックを南から降りるルートを探ってみたけど難しそう
ベルロック南岩肌ヒトシ
右側のちっちゃなダーリンを見ていただければ岩がどれだけ大きいか伝わるかなぁ

結局、来たルートを戻りながら下山する事に 北側に戻るとまた気持ちが落ち着きました

ベルロックヒトシ鼻血
最後にパワーもらい過ぎてのぼせたのか?鼻血ブーのダーリンでした

駐車場に戻ったのは14:30 たっぷり2時間半をベルロックで過ごし、もっとゆっくりしたい気もするのですが、次の
ボルテックスを目指します♪
9:00 フラッグスタッフからしばしルート66をそれて89Aを南下、セドナの町を目指します

フラッグスタッフ~セドナ
フラッグスタッフ~セドナ間は知る人ぞ知る景観の良いドライブコースで有名だそう 
約1時間の道のり気持ちイイですぅ

セドナ手前渓谷
セドナに近づくにつれ岩肌が大きくなって渓谷と不思議なコントラストを彩る中、車を走らせます

セドナ手前レッドロック
レッドロックシティと呼ばれるセドナの由来はこの赤い岩からなる山々と低木の緑に囲まれた自然美です

セドナ町中入口
10:00 セドナの中心街アップタウンに到着

まずはお宿情報をゲットすべくビジターセンターでUS$100.00くらいのおススメホテルをいくつか聞いてセドナマップに
マークしてもらったものの、どこも町の中心から少し離れてて少し不便そう・・・夕食のレストラン&ビールを考えると
車移動はしたくないここち夫婦であった^^;

でも宿探しに時間を取ってはもったいないし、ふと車を停めた先にあまり高く無さそうなモーテルが
オーチャードイン正面
とりあえず、料金を聞いてみようということに

フロントに入るとこじんまりしてるけどセンス良くキレイで何だかちょっとしたホテルっぽい雰囲気
オーチャードインフロント
一泊いくら?と聞くとUS$158.00+TAXと言われ、予算オーバーでビミョーだったのでお部屋を見せてもらうことに

キーを預かり階段を下りると正面から見て2階建てだったのが、傾斜した高台の立地にホテルが建っていて下に1階
部分とそのまた下には小さいけどプールもあって、目の前にはレッドロックの景色が広がり超リッチなプライベート
空間で部屋も超キレイ!!!めっちゃテンション上がってダーリンは「ここにしようやぁ\(^o^)/」と一言♪

フロントに戻り「ここにするけど1階でもっと景色が見渡せる部屋は空いてない?」と聞いてみると、ベットメイクが
終わってないから10分待ってと快く対応してくれて、ナント!10:30にそのままチェックインさせてくれました♪
しかも、1泊朝食付きでこのお値段☆ダンゼンお得でした(^o^)

オーチャードインベランダで
1階は部屋のドアは無くてテラス側から出入りします^^ これも気に入った

オーチャードイン部屋
お部屋はこんな感じ 
贅沢にデーンとクイーンベッド2つでもゆとりある空間に高級感もあってセンス良くてカーペットもふかふかぁ~

オーチャードインベランダ景色
そしてナント言ってもこれ 外にはこんなステキな景色が広がってま~~~っす

オーチャードインベランダ入口
このホテルの造りもステキでしょ テラス空間は奥行きたっぷりで開放的

セドナベランダ朝食
早速お部屋のドリップコーヒーを落とし、テラスでこの景色を眺めながら超リッチな気分で腹ごしらえ

さ~て、ボルテックスに行ってみますかぁ
ラスベガスを出てセリグマンまで360miles(約580km)を走り、はしゃぎ過ぎてすでに17時半
日も傾きかけ、日本で予定していたセドナまでたどり着くには暗くなってしまうのね~ということで、日没前までに
次のルート66の町フラッグスタッフを目指すことに☆
やっぱりここち夫婦の気まま旅 初日から予定通りに行かず、ホテルの予約してなくてホントよかったぁ

19:00前 フラッグスタッフの町に夕日がさしてました。モーテルはたくさんあって迷っていると町を2周くらいしたかな^^;
フラッグスタッフモーテル
やっと決めたモーテルは受付がエスニックの強烈な香辛料の香りに包まれていると思ったらインド人オーナーでした

20:00前チェックイン。ダーリンはモーテル初体験
フラッグスタッフモーテル部屋JPG
これで1泊US$65.76(tax込) 部屋はいたってシンプル

夕食は教えてもらった近くのスーパーに行くと生鮮品がほとんど無く、でもレストランへ行く元気も無く、ビールが
飲みたかったので、ここちも初の冷凍食品大国アメリカのチンメニュー&ビールで
フラッグスタッフディナー1
ダーリンはパッケージの写真にそそられ、ずいぶんチョイスに時間が掛かってましたが。。。
フラッグスタッフディナー2
疲れていると、そこそこ何でも美味しく食べられるものです

翌5月2日(mon)8:00 モーテルをチェックアウト、フラッグスタッフの町を少し散策
フラッグスタッフ町ヒトシ
ここフラッグスタッフは標高が2300mとアメリカ全土の中でも高い所にある緑豊かなとてもキレイな町です。
標高の高さから世界のアスリートがトレーニングに訪れる町でもあり、あの水泳の北島康介も来たそうです。

フラッグスタッフ町
ヒストリックダウンタウンはお土産屋さんやオシャレなカフェが並んでいますがまだオープン前。。

ビンラディン死亡記事
ビンラディンの死を伝える新聞記事がここに

フラッグスタッフ町マキ
ルート66が町を確かに走ってます♪ 朝のフラッグスタッフは結構冷え込んでます。

フラッグスタッフ駅
朝日が爽やかなフラッグスタッフの駅で・・・

フラッグスタッフジャンプ
今日も元気で行くぞーーーーっ


さぁ先を急ぎましょう~

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

この人とブロともになる