pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

前からボロブドゥールへ行く際は史跡公園内にある唯一のホテル、マノハラに泊まろうと決めていたここち

マノハラ廊下
ここは元々ボロブドゥール発掘作業の為に建てられた宿泊施設
それをホテルに改装しているので華やかさは無いけど反ってそれが周辺と溶け込んでてイイ雰囲気

マノハラ内庭
全30室ある部屋はいくつかの棟に分かれて中庭で囲われた空間
いつも人気なので今回はこのホテル優先で早々に5月にagodaで予約、旅の工程を決めました

マノハラ廊下2
ここち達の部屋はこの廊下いちばん奥の18

マノハラ部屋
部屋はいたってシンプルだけど清潔で気持ちイイ
夜シャワーがタンクだったみたいで先に入ったここちは大丈夫だったけど後のダーリンは
後半お湯が出なくなって水シャワーを浴びるというハプニングがあったけど 笑

マノハラ部屋ベランダ
テラス側へ出ると熱帯植物や椰子の木の緑がまぶしくてとっても気持ちイイ~

タクシーの運転手さんに頼んで寄ってもらいテイクアウトしたこちらを史跡散策へ行く前にいただくことに
スハルティパッケージ
ニョニャマダムスハルティのアヤムゴレン(フライドチキン)
ジョグジャの空港から街の間にケンタッキーより美味しいフライドチキンと地元で人気のお店
タクシーの運転手さんも大好きって言ってた^^ でもこの1パックで約900円はこちらの物価ではお高め

スハルティチキンを食らう
時間が経ってたので油が回ってしまってちょっと油っぽかったけどテラスで美味しく頂いていたら・・・

スハルティ丸ごとチキン
まさしく丸ごとフライドチキン ダーリンの顔が変わり食欲がみるみる減退

そんなこんなで15:00 いざボロブドゥール遺跡探訪へ
マノハラ内庭おでかけ

そうそう、ここマノハラはボロブドゥール入場料が宿泊代に含まれてます
スポンサーサイト
9月11日(wed)SQ615 23:30出発だったので仕事終わって家に帰りお風呂&洗濯してスッピンで関空へ
空港のサブウェイで軽い晩ごはん食べて は定時に出発

SQシンガポールスリング
さすがはSQ(シンガポール航空)だけあってシンガポールスリングが飲めた

予定より40分も早い翌9月12日(thu)4:30am(時差-1h) シンガポール チャンギ国際空港T3到着
なんだかんだと機内ではほとんど眠れなかった。。

チャンギ空港椅子寝
トランジット待ちでしばし休憩

チャンギ空港寝そべる
横になっても寝れない

シンガポールからはGA(ガルーダインドネシア航空)に乗換えて7:25am出発
シンガポール発飛行機朝日
朝日がまぶしいぃ

予定時刻より10分早い8:05(時差更に-1h日本とは-2h)インドネシアの首都ジャカルタ
スカルノ・ハッタ国際空港到着

この旅いちばん心配だったジャカルタでの入国手続きと乗換えメチャクチャ時間が掛かって遅いと
聞いていたのに早朝だったからなのか?全く混んでいなくてスムーズ!^^
まずはUS$25.00で入国ビザを取ってから入国審査10分も掛からなかった
関空ではジャカルタまでしか搭乗券を発券してもらえなかったからGAの国内線乗継カウンターでジョグジャまでの
搭乗券を発券してもらい、荷物をピックアップしたらすぐ先の国内線荷物のおじちゃんにまた預けて30分で完了!
でも案内板が少なくて何処へ行ったらいいか分かり辛かった^^;

ジャカルタ空港2
スカルノ・ハッタ空港は小さいけどインドネシアらしい佇まいで緑のキレイな空港

ジャカルタGA
国内線は1時間半も遅れて11:35am発

ジョグジャ空膠着
予定より1時間遅い12:25 ジョグジャカルタ到着 空港小さいなぁ~ パラオと同じくらい

空港からボロブドゥール遺跡のある村までは約50km離れていてタクシーで1時間強
料金は空港タクシーカウンターで定額Rp.230,000(約2,300円)日本に比べるとはるかに安い♪
けどバックパッカー時代なら迷わずバスを乗継ぎ2時間掛けてひとりRp.23,000(230円)で行ってただろうな 笑

ジョグジャからマノハラの道
もうすぐです

マノハラwelcomeドリンク
14:00 日本出発から16時間半 やっとホテルのwelcomeドリンクにありつけました
旅シリーズをお送りする前にひとつメシネタをUP
この3連休PASメンヒデキが遊びに来たので久しぶりにおうちDiningで腕をふるってカンパイ

チキンロールとアクアパッツァ2

本当はとぉ~っても久しぶりにPASメンさゆりも合流予定で顔を合わせられるとみんな楽しみにしてたけど
直前でNG(>_<) 残念ですがとりあえずCheers☆

2013sepヒデキと乾杯

阪神デパ地下でシャンパンと同じ製法で作られた美味しいオススメスペイン産スパークリングワインを開けて
バジルチキンロール&サフランと豆乳のアクアパッツァ、レンコンと南瓜のぺペロンサラダオレンジ添え
アボカドと豆腐の和風カプレーゼ、バケット、枝豆
チキンロールとアクアパッツァ1
前回ヒデキが来た時はキャンプから戻った日でスーパーのお惣菜でゴメン だったから今回はおもてなし
なんだかんだとビール、赤ワインもう1本とわが家のデイリーユースのパックワインも空いちゃいました

忘れる前にレシピを記しておこう

バジルチキンロール
とり胸肉は身の厚い部分を切開いて均一にし真ん中に自家製バジルソースとスティック状に切ったセロリと人参を
並べてから棒状に巻いてタコ糸で縛る
圧力鍋にオリーブオイルを熱しチキンロールの表面を焦げ目が付くよう色よく焼いてから赤ワイン、水、コンソメ
ベイリーフ、細の目に切ったセロリと人参を加え高圧にセットして蓋をし圧力鍋にかけ調理する
出来上がったらチキンを取出し鍋に残ったソースにバルサミコ酢を加えて味を整える。
ソースをお皿に広げタコ糸を解き2cmくらいの厚さに切ったチキンロールを並べて出来上がり

サフランと豆乳のアクアパッツァ
こちらは基本のアクアパッツァの要領にサフランと豆乳を加えて味を見ながら煮詰めてみました
あさりと真鯛の旨味に豆乳のコクが加わり淡白な魚もしっかりとした味わいで美味しく頂けます

夕日のボルブドゥール
20代の頃からずぅ~っと行きたかった世界遺産ボロブドゥールへ遂に行ってきました

夕焼けボルブドゥール全景

世界3大仏教遺跡のひとつで世界最大級の仏教寺院がここインドネシアのボロブドゥール

20年前カンボジアのアンコールワットを訪れたときにはその悠久の時に鳥肌が立ったことを覚えていますが
ボロブドゥールもアンコールワットと同じく建造後1000年以上も密林のジャングルの中で火山灰に隠されていた
神秘の仏教遺跡です。

今回の旅は長年の想いがやっと叶い感動の一言につきる!

台風18号が日本を襲った先週末をまたいで9/11(wed)~9/17(tue)の5泊7日でインドネシアのジャワ島、
ビンタン島、シンガポールを旅してきました^^

少しずつ写真を整理編集して旅の紹介をしていきますのでお楽しみにぃ~
9月に入ってすっかり朝夕が涼しく過ごし易くなりましたね

これはまだ8月残暑厳しい頃冷蔵庫の残り野菜を集めて作った献立 
ここち'sダーリンがオイシイおいしい と褒めてくれたので記しておこう 笑

夏に食べるすっきりヘルシーなバジルソースのロールキャベツ
バジルソースのロールキャベツ
一玉買ってなかなか使い切らないキャベツをなんとかしなきゃ!とひらめいたのがこれ

ヘルシーに鶏ミンチと高野豆腐のタネに玉ねぎとキャベツの芯の微塵切り、夏に作った自家製バジルソースと
パルメザンチーズをたっぷり加えて練りキャベツに巻いてあっさりベーコンとコンソメスープで煮ました^^

それに合わせたのがわさび風味の和風ラタトゥイユ
わさび風味の和風ラタトゥイユ
神戸オリエンタルホテルで食べた隠し味にわさびを使ったエビのカクテルのトマトソースがとってもおいしくて
それを思い出して普通に作ったラタトゥイユの仕上げにわさび♪隠し味というよりかなりたっぷり加えたけど 笑
すっごくオイシカッタ^^冷蔵庫にあったレンコンやコンニャクも使って和のコラボ

すっきり冷やしたスパークリングワインにピッタリで満足な夕餉となりました
すっきりロールキャベツの献立
ダーリンはロールキャベツもラタトゥイユも「ウマイ ウマイ」とパクパク完食
「もっと食べたい」と言ってもらいました(^O^)/

冬の定番ロールキャベツもこれならすっきり夏に食べられるし冷やしてもOKですよ~
さてさて、ぐるっと丹後半島旨いもん食べようツアー2日目 海岸線の絶景をドライブしながら
丹後半島先端の伊根に着いたのはちょうどお昼時

伊根漁港めし仁
伊根漁港でオープンエアーのランチ

名物 その名も“漁港めし”品数豊富でボリューム満点 これでナントたった¥2,000.-
伊根漁港めし
朝ごはんをお腹いっぱい食べてたここち夫婦はお昼抜いてもいいくらいさすがにお腹空いてなくて
この1人前+ごはん&味噌汁を注文、シェアして何とか完食^^; でもオイシカッタ~

お天気もどんどん回復してきて良い感じィ~
伊根海と蝶2
満腹×2でダーリンは食後の一服中なり~

伊根の棚田
海に面した棚田が美しい

伊根の舟屋は有名な観光スポット NHK朝の連ドラ『ええにょぼ』の舞台でした
伊根の舟屋
おだやかな入江の向こうに舟屋が並んでいます


近くで見るとこんな感じ
伊根の舟屋2
船の収蔵庫が家の一部になっている伝統的建造物

伊根は浦島伝説の地でもあり
浦島神社
ひっそりと浦島神社があります

間人から伊根まで盛りだくさんで時間取り過ぎたようです
天橋立に着いてレンタサイクルは次回にして
元伊勢籠神社
天橋立3大パワースポットと言われているうちの元伊勢籠神社と真名井神社をお参りして帰りました

真名井神社水
真名井神社の湧水を汲んで帰ったのですがまったり軟らかくとっても美味しかった

二日目朝は炭平のすばらしい朝食に胸が躍り朝からハイテンション
炭平朝食
へしこや干物を網で炙りワタリガニの味噌汁まで!その他バイキング形式のおかずや飲み物デザートなど充実の
ラインナップ シアワセな気分でごはん3杯もおかわりしたダーリンです

また来たいねと名残惜しくも10時にチェックアウト炭平を後に

まずはお宿のベランダから見えた対岸の半島の先へ行ってみることに
間人城嶋
間人からほとんどつながっている城嶋という小さな島は国定公園になってた

城嶋の手前の小さな小間漁港での微笑ましい光景
間人小間漁港おじいちゃんとおばあちゃん
サビキのおじいちゃんが餌をつけてあげておばあちゃんが竿を垂らし釣れたらおじいちゃんが魚を取ってあげる
なんとも仲睦まじい姿が印象的

西は鳥取から東は丹後半島経ヶ岬までの日本海沿岸は山陰海岸ジオパークに認定されていて
アジア大陸の一部から分かれて日本列島が誕生したその歴史を地形や地質から知ることができるそう
立岩
この立岩は丹後半島のジオパークを代表するひとつ

2013aug屏風岩
毎年夏の海で訪れる大好きなスポット屏風岩もそのひとつ

2013aug屏風岩幻の滝
今回は初めて雨の後しか現れない幻の滝と言われている滝を見ることができた

夜遅くから朝まで降り続いた雨も上がり天気回復傾向の丹後半島海岸線を景色を楽しみながらドライブ

丹後半島リアス式海岸
惚れ惚れするほど美しい景色

丹後半島リアス式海岸2
絶景です

丹後半島リアス式海岸3
秘密の入江

まだまだ道は続きます
to be continued

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

この人とブロともになる