pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

インドネシア3日目の朝は快晴

やっと時間に捕らわれずのんびりした目覚めとゆっくりホテルで朝食
メリアプロサニ朝食
朝から食欲旺盛毎朝でも飽きないローカルフードのブッフェをたんと頂きます
トマトの後にあるのがグドゥッという鶏肉をジャックフルーツや香辛料で煮込んだジョグジャカルタの郷土料理

メリアプロサニイス
ダーリンが先に気付いたのですがホテルレストランのイスわが家のイスといっしょ~

さて10:00にホテル前から今日も元気にベチャに乗っておでかけ
ベチャに乗る仁
ホテル前には契約ベチャ?だけが待機を許されているのかMeliaのロゴ入りベチャです

目指すはクラトン(王宮)

ベチャでクラトンへ向かう
夜にもまして風を切って快適な乗り心地ィ~ 前にもベチャが走ってます^^

クラトンの入口にはボロブドゥールにもあった鬼面カーラがお出迎え
クラトン入口ラクササ
ヒンドゥーでは魔除けの意味を持つ神様とも魔物とも言われていて寺院の入口や門に祭ってあるのだそう

クラトン大理石の廊下
実在の王様が今も住んでいるクラトンの一部を一般に公開しているそう

クラトン舞踊ローカル
何かの催しがあるのかローカルの小学生がたくさん集まってた

クラトンドラゴン
ドラゴンも守り神のよう

クラトン天井装飾
博物館には豪華絢爛な装飾を施した王宮内部のジャワ建築や調度品を見ることができる

クラトン刀を指した武士
クラトン内には正装して刀を差した兵士が王宮を守っています

クラトンを出て歩いて6~7分のところにあるのがタマン・サリ(水の離宮)
タマンサリ入口ふたり
ここにもカーラが
タマン・サリではボランティアで英語のガイドが付いてくれました

タマンサリトンネル
入ってすぐ目に飛び込んでくる蒼い水辺がとても印象的で美しい

タマンサリ
その昔この豪華なプールで王宮に使える美女達が水遊びをしてそれを

タマンサリ格子から
当時のスルタン(国王)は小窓の格子から覗きその夜床をともにする美女を選んだとか 
いつの時代もオトコって奴は・・・
(スルタンとはイスラムの君主を意味する)

スポンサーサイト
夕方ジョグジャの街へ繰り出す
ホテルから徒歩5分JL Malioboro(ジャラン マリオボロ)に出た
マリオボロ昼1
インドネシアではJL(ジャラン)は通りと言う意味でマリオボロ通りはジョグジャの目抜き通り

通りの両サイドにはお土産屋、生活雑貨屋、電気屋などが煩雑に並ぶ
マリオボロ昼2
ローカルで潤っているのかバリ島と違いブラブラしていても声を掛けてくる事もお土産屋の呼び込みもなく
快適に歩ける^^ 反対にココロ惹かれるシャレたお土産もない。。^^;

日が暮れる頃ホテルから晩ごはんを食べにタクシーに乗り込む
タクシーはメーター制で初乗りRp.6000(¥60)と激安 10分か15分くらい乗って¥130くらいだった 笑

到着したのはJL Mangkubumiのこちら
ジョグジャサエ
屋台はイヤというここち'sダーリンにシーフード屋さんで蟹食べたくない?って言って連れてきたのですが
どう見ても屋台です 苦笑 でもジョグジャの屋台は日本のおうちのように地べたに座り低いテーブルで
食べるのですが、このお店はテーブルにイスでしたよ 笑

ジョグジャ屋台蟹
お店の裏で蟹を見せてもらった

ジョグジャシーフード屋台
調理場はこんな感じ

メニューはローカル用しかなくて読んでもわからず英語をちょっとだけ話せる男の子を呼んでくれてなんとか
注文できた^^; どうやらKEPITINGというのが蟹という意味らしく上ののれん画像にKEPITING GORENGと
あるからフライドクラブやね♪
ジョグジャカニ料理
蟹は茹でと揚げがあったので一杯ずつとエビも揚げで、野菜はカンクンみたいな青菜炒め

揚げは普通に香ばしくてオイシイ 茹では身は柔らかくて甘みもあって美味しいけど
ミソはちょっと泥臭くてNGでした
ジョグジャカニ食う仁
参ったのはビールを注文したら常温!? 飲めたもんじゃなかった
ダーリンは一昨年の中国内陸部へ出張した時に経験済みだったので驚かず(*^_^*)
お会計は¥1600くらいでした

食後はジャワの伝統芸能ワヤンクリ(影絵芝居)を観にソノブドヨ博物館へタクシーで移動(¥150)

20:00からの開演にちょっと早く着いたので影絵人形の製作現場を見せてもらう
ワヤンサリ職人さん
牛側を丁寧に彫っていく職人のおじさん

影絵芝居の物語の内容はその日によって違うみたいですがインドネシア語です
ワヤンサリ1
とっても美しい影絵です


ガムランの音楽と共に後から演じている光景も見れます
ワヤンサリ2
語り部と人形の操りをひとりで行ってました

本当は2時間くらいあるそうですが40分くらいで会場を後に

ホテルまでベチャという自転車タクシーで帰ることに値段は交渉ですが街中はRp.20000くらい
ジョグジャ夜のベチャとマキ
タクシーより高いやん!と思ったのですがこれがなかなか涼しくて快適
ちょっとしたアトラクションに乗ってるみたいでとっても気に入ってジョグジャ滞在中はよく利用しました

ジョグジャ夜のベチャ走行
車道をバイクや車といっしょに走るのは自分が前面に乗ってるのでスリル満点

という事でこのブログ初の動画に挑戦!臨場感をお楽しみ下さいませ~
[広告] VPS
ジョグジャで2泊したメリアプロサニは街の中心マリオボロ通りに近くにありながら一歩ホテルの敷地内に
足を踏み入れると外の喧騒と掛け離れた洗練されている空間が広がるステキなホテルでした♪

メリアプロサニロビー
ウェルカムドリンクをいただいたロビーラウンジ

メリアプロサニロビー2
2日目の朝、ロビーではガムラン音楽と踊りを披露してました

メリアプロサニ部屋
お部屋はグリーンのインテリアで統一されていてバスルームも広くアミニティも充実のホテルらしい
気持ちよい空間

窓からのメリアプロサニ
ベランダは無いけどコロニアル調の淡いピンクと緑に囲まれたブールを眺める事ができる

ボロブドゥールのレンタチャリと白タクで汗まみれ埃まみれで着いて部屋で一段落
あまりの暑さに水着に着替えてプールへ直行〜
メリアプロサニプール
リゾート気分を盛り上げてくれる広々快適なプールに飛び込み火照った身体も一気にクールダウン!

一時間半をのんびり過ごして
メリアプロサニプール石像
こんな石像がCuteです♪
チェックアウトは12:00と遅めで良かったので朝食後は部屋に戻り8:30-9:30まで二度寝して荷造り整え
10:00フロントでチャリを借りて近くの寺院を散策に出た(1台Rp.10000/h)

マノハラでレンタチャリ
なんだか大きな実のなる木が!?
地図がアバウトでわかり辛いけど目指すは東へ3キロ先のムンドゥッ寺院

マノハラでレンタチャリ川2
こんな川を2つ越え

マノハラでレンタチャリ道路
こんな道の端を汗まみれ埃まみれで走り

ムンドゥ寺院
これがムンドゥッ寺院
ボロブドゥール遺跡群としてボロブドゥールとこのムンドゥッ寺院とパオン寺院が世界遺産になっています
マノハラで観たビデオでは動物を物語にしたレリーフがたくさん紹介されていたけどわかり辛かった

ムンドゥ如来像
寺院内には「世界でもっとも美しい仏像のひとつ」と謳われている肉付きのよい優しい表情の如来像
この両サイドには観音菩薩と文殊菩薩がありひとつ岩でできているそう

ムンドゥ寺院ツタの木
ムンドゥッ寺院の横には大きなツタの木が

ムンドゥ寺院ツタの木ぶら下がり
ぶら下がってみた 握力無いここち・・・^^;

来た道を半分戻って
パオン寺院
ボロブドゥールとムンドゥッ寺院を一直線に結ぶ間にあるのがパオン寺院
こちらはこぢんまりとしていて寺院内に仏像はなかった

マノハラ看板とレンタチャリ
ちょうど2時間のサイクリング12:00ちょっと前にマノハラに戻り1リットルくらいの汗をかいて達成感

荷物を持ってチェックアウトとジョグジャまでのタクシーを頼むとRp.300000と言われしかもちょうど
お昼のお祈りの時間だから40分待ちだって(>_<)
それならばっ バスで行くと決めて歩き出したここちに対して荷物あるのにタクシー待とうやぁ~と
ブツブツ言うダーリン。。それでもホテルを出てずんずん歩いてくここちはダーリンに内緒ですが
最初から行きはタクシー帰りはバスの計画で確信犯 笑

バスターミナルへ向かって歩く途中、一般のボロブドゥール入口の駐車場で白タクの客引きに声を掛けられ
ジョグジャまでの料金を聞くとRp.400000と吹っかけられ話にならんと無視して歩き出す
慌てて客引きがRp.300000まで落としたけどホテルで頼むのと同額だしジョグジャの空港から正規タクシーで
Rp.230000で来たと告げるとジョグジャから空で往復100kmになるからこれ以上下げられないと引かない
Rp.250000にならないと乗らないと告げバス停目指し歩き出し追いかけてくるのやり取りでやっと折れた
まぁ、日本円で500円まけただけなんですが・・

けど、これと持ってきた白タクはボロボロのヤンキーセダンでこのクソ暑いのにエアコン効かず
フリースみたいなクッションまであって汗だくでした 苦笑

そんなこんなですが白タク乗込み出発
ボロブから白タク

1時間ちょっとでこの日のお宿メリアプロサニに到着
メリアプロサニウェルカムドリンク
14:00チェックインしてウェルカムドリンクをいただく

厚い雲の上に朝日がやっと顔を出してくれたのはもう6時をまわってからだった
騒々しい周囲の動きを察し南側のレリーフを観ていたここち達は慌ててストゥーパへの階段へ回って駆け登り
間に合ったぁ~^^

borobuの日の出1
静かな日の出

borobuの日の出3
ストゥーパが太陽に照らされる

borobuの日の出2
何千年も昔から変わらない光景なんだろうか・・・

日の出クストゥーパに囲まれる太陽1
一日のはじまり・・ 神々しい光に包まれて全身にパワーがみなぎる瞬間・・
ずっと憧れていた光景が目の前

朝日をバックにマキ
しばらくたたずんでただ眺めてた・・ 朝日を浴びてる自分がシアワセ

朝日をバックのブッタ
ブッタも背に朝の光を浴びて美しい

朝日をバックにジャンプ
やったよぉ~~~ 大の字ぃ~ッJump

ボロブ朝日と私達
どんどん日が高くなって朝日に顔が照らされて気持ちイイ~

ボロブでポーズのマキ
すっかり明るく一日が動き出しレリーフ観賞を再開ゆっくりとした時間を過ごす

ボロブバックにニッコリ
ボロブドゥール好き ここにいるだけで穏やかな気持ちになれる

ボロブでJUMP
やったどォ~~目的制覇

満足しつつも後ろ髪引かれる気もありでマノハラに戻ったのは7:30

マノハラ朝食
オープンエアーで気持ちの良い朝食
旅の1ヶ月も前から現地の天気をチェックしていたここち
日本同様異常気象で夏なのに雨が多かった東南アジア地区は残念ながらあまり期待できるものでは無く・・・
旅の間も雨の予報が目白押しでちょっとテンション低かったのですがいざ現地入りするとそうでもなく(^O^)/

どうしようと迷ってたこの旅のメインイベントのボロブドゥール日の出ツアーに参加
4:30にマノハラロビーに集合の為4時起き
一般参加費用はRp.350000のところマノハラ宿泊者はRp.230000

時間通りにロビーへ行くとすでに沢山のツアー参加者が集まってました。
受付を済ますと懐中電灯と腰に巻くサリーを渡されて出発
早朝ボロブ登る
辺りはまだ真っ暗で懐中電灯の明かりを頼りに登っていきます

夜明け待ちのボロブ
思った以上にツアー参加者は多くより良い場所を確保して朝日を待っているとどんどん人は増えてます
アングル難しい~ (~_~;)


日の出待ちボロブ1
静けさの中、時間(とき)を刻みます

日の出待ちボロブ2
朝靄にに包まれた周辺が幻想的でこの瞬間がハートに響く トキが止まったように神聖な時間

日の出ピンクボロブ1
辺りがピンクに染まりつつ今日一日が始まる瞬間に感動を覚えて 息が詰まりそう

日の出ピンクストゥーパ1
なんて!美しいんだろう!!心が震える・・ストゥーパもピンクに照らされて刻一刻と時間(とき)が運んでいく

辺りが明るくなり雲が多くて朝日にはまだ少し時間が掛かるかも・・・という事で周りのみんなは根気強く
待ってたけどここち夫婦は動き出す(^^♪

数あるストゥーパの中にひとつだけ“ラッキーブッタ”と呼ばれるのがあって、男性はそのブッタの右薬指
女性は右の足裏に触り願い事をすると適うといわれているのがあるのですが近年訪れる人達が触りすぎで
払拭が進み警備員のインドネシア人がそのストゥーパ周辺に付いて触るな!と注意される中、その目を
盗んで・・・笑

ラッキーブッタ
このお方がラッキーブッタ

ラッキーブッタマキ
まずここち

ラッキーブッタ仁
お次はここち'sダーリン
真摯なおねがいしたので必ず叶えて欲しい~

前日に観たボロブドゥールの歴史で学んだ第一回廊をもう一度回る
白い像のレリーフと仁
これはブッタの母、摩耶が白い像の夢を見てその後ブッタを身ごもったというシーン

レリーフとマキ
いろんなレリーフを見ながら過ごしていると・・・

朝日に照らされるストゥーパ
にわかに辺りが騒々しくなり朝日が差してきましたよ~


イスラム教徒が99%を占めるインドネシアではこの偉大な仏教遺跡も今ではただの観光名所化でビックリ

外国からの観光客以上にインドネシア人の観光客も多く、この日は社会見学の学生達が大勢いて遺跡を観るより
男子女子が仲良くキャピキャピで写真取りまくりのキャーキャーと楽しそうで日本の修学旅行生といっしょ!
さながら日本人も京都奈良の神社仏閣を訪れるのと同じ感じ

ボロブドゥールの拝観時間は6:00~17:00でそれ以外のサンセットツアーとサンライズツアーは別料金

夕日のボロブドゥール2
2時間あっという間で閉門時間 17:00過ぎ西日がまぶしい

マノハラ全景
お宿が近いのはホント助かりますね マノハラの裏庭全景

マノハラレストラン
この季節、日本とあまり変わらない気温でも湿度が高く体感温度はずっと暑くて汗もハンパなく喉はカラカラ
レストランでとりあえずビールを注文 ここからもまだまだボロブドゥールを眺められます

マノハラでビールを食らう
プハ~~ッ ビンタンビール大ビン2本を一気に空けちゃいました

喉を潤してからホテル内にあるオーディオルームでボロブドゥール遺跡の歴史を解説した映画を鑑賞
英語と日本語版をリクエストできます(35分間で有料ですがホテル宿泊客は無料)

ライトアップのボロブドゥール
日が暮れライトアップされたボロブドゥールを眺めながら夕食

マノハラ晩ごはん
ビンタンビールと久しぶりのインドネシア料理をいただきます
定番鶏肉のサテーとナシゴレンを注文 ここのナシゴレンはソバメシ風でナシミーゴレン!?

部屋に戻ってお風呂に入って(お湯切れで水シャワーハプニングあり)日本からほとんど寝ていないのと
翌朝4:30のサンライズツアー参加の為、20:40就寝
7~8世紀に50年の歳月を掛け建造されその後1000年もの間火山灰に埋もれ眠っていた世界最大級の仏教遺跡
遠いインドから海を超えこの地に伝わり何の目的で建てられたのかボロブドゥールの名の由来すら未だはっきり
解き明かされていない謎の多い神秘の遺跡ボロブドゥールは近年パワースポットとしても有名

ボロブドゥール参道
部屋を出てマノハラの裏庭を抜けると1~2分でボロブドゥール遺跡の参道に出た
憧れのボロブドゥールを目の前に想像以上の大きさで感動と興奮を隠し切れないここちです

ボロブドゥール狛犬
参道の階段を登り遺跡の前には日本の狛犬のような守り神が

ボロブドゥールはほぼ正方形のピラミッド型でできていて最下部の基壇の1辺が120mもある
基壇は人間の欲界、その上に5層からなる方形に精巧なレリーフが施されていて神と人間が触れ合う色界、
その上に3層の円壇ストゥーパ(仏塔)神のいる無色界と仏教の三界を表しているそう

ボロブドゥール第一回廊
第一回廊のレリーフは時計回りに一周するとブッタの生涯が物語となって彫られています

ボロブドゥール第一回廊2
積み重ねただけの石に彫られたレリーフはブッタや釈迦、菩薩、王族、兵士など1万体以上とも言われているそう

ボロブドゥール微笑みのレリーフ
微笑みのレリーフ こんなに優しいお顔の方がたくさん

ボロブドゥールレリーフ1
如来菩薩が美しい

ボロブドゥールレリーフ2
キレイなお顔をされてます


ボロブドゥール外壁の仏陀
遺跡の外壁には外に向かって何体もの仏像が並んでいますが、首の無い仏像も多い

第一回廊からレリーフをゆっくり見て周り階段を登って円形壇へ

ボロブドゥールストゥーパ1
下部の回廊から雰囲気が一転円形壇に並ぶストゥーパは独特で中には一体ずつ仏像があります
これらも首の無いものが多い

一説には大地震の影響で倒壊、インドネシア人の99%を占めるイスラム教徒過激派が攻めたとも言われています

ボロブドゥールストゥーパ内の仏陀
優しいお顔が見えます

ボロブドゥールストゥーパが取れた仏陀
中にはストゥーパの上がなく仏像がでているのも

ボロブドゥールストゥーパてっぺん
頂上には空洞のない巨大なストゥーパ

カーラの門の仏陀
レリーフを見守るように座る仏像や階段の上は屋根のように囲いカーラと呼ばれる鬼面が

カーラの登り口
ここもカーラが

ボロブドゥール外観1
そろそろ陽が傾いてきて遺跡がオレンジに照らされてきました
首のない仏像わかりますか?

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる