pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

涼しい秋になり石鹸の仕込みを再開 先ずはマルセイユ石鹸2種を仕込みました

Newモールドで初めての型入れ
201610マルセイユ
6月の石鹸教室でSさんがご持参されていたモールドはネットで唯一石鹸モールドを販売されているサイトのもの
実際に見て、手作りモールドよりずっとしっかりしていたのでここちも購入しちゃいました
厚みのあるアクリルモールドで使いやすく、補強しながら長年使っていた手作りモールドは引退です 笑

そしてこの週末は久しぶりにアリーカフェへ大量出荷の準備
201610出石鹸荷
イイ感じに熟成された石鹸たちです

ひとつずつラッピングして立派になり巣立ちます
201610出石鹸荷2
同送のシアバターのリップクリームは唇のカサカサ知らずでこれからの季節に必須アイテムですよ

アリーカフェのお客さま、いちど手に取ってもらえたら幸いです どうぞよろしくお願い致します
スポンサーサイト
去年いろいろ楽しめたふるさと納税を今年も思い立ち申込み開始
第一弾は忘れられない驚愕の味アリーカフェのはっちゃんから贈ってもらった 昆布森漁港の仙鳳趾牡蠣
去年は無かったけど今年見つけて迷わず申し込みました

2016ふるさと納税昆布森牡蠣
それがこの週末に届いた 立派なサイズの仙鳳趾牡蠣が10個

2016.jpg
仙鳳趾牡蠣がメインなのであとは簡単に秋の味覚キノコたっぷりフィデウアを作ることに

仙鳳趾牡蠣2016
仙鳳趾牡蠣は生とグリルで蒸焼きの半生で頂きます

シャルドネ白ワインを開けました
仙鳳趾牡蠣とキノコのフィデウア
今宵の献立は仙鳳趾牡蠣、キノコのフィデウア、ショルダーハムのサラダ

仙鳳趾牡蠣20162
ここち'sダーリンは蒸し、ここちは生が好みですが、先ずは生で

仙鳳趾牡蠣20163
広島や瀬戸内海産牡蠣とは明らかな違い、肝より白い部分が多いこのクリーミーさは初めて食べた時の衝撃を
思い出し、例えるなら白子を食べているような食感の牡蠣が美味で牡蠣の王様と言える風格の味わいです

これをふるさと納税で頂けるななんてシアワセ~~



肌寒く秋めいてきたかと思えば、今週は連日27℃28℃と夏に逆戻りで季節が目まぐるしい今日この頃
それでも街は秋の装いと秋の味覚ですっかり秋 我家の食卓も少しずつ気分は秋です

残業上がりで立ち寄ったデパ地下 目の前で立派な筋子が半額に
その日のうちに醤油漬けにして翌日さっそく頂きました

生筋子のほぐし方はいろいろありますが、ここちは石鹸作りに使うお菓子用のシリコンゴムベラで優しく
しごいて薄皮から取り出し、海水程度の塩を加えた40℃くらいのぬるま湯の中で汚れや残った薄皮を
取り除き、濃い目の冷ました出汁醤油(出汁、酒、みりん、醤油)にひと晩漬けました
イクラはぬるま湯に通すといったん白っぽくなるけど、漬けるとまたぷっくりとキレイなイクラに戻りますよ~
たっぷり作って冷凍しておけば、お正月にも使えます

自家製イクラと秋の前菜3種盛り
自家製イクラは秋の前菜3種盛りでゆで卵にのせて、キノコとベーコンのペペロンレモンソテー、
北あかりのアンチョビ和え

エビのビスク風豆乳フィトチーネ
エビのビスク風豆乳フィトチーネ
作り方は特大有頭エビを使った時とほぼ同じですが、今回はエビの殻だけを鍋に入れヒタヒタの水を加え火にかけ
出汁を取りソースに加え、海老は塩と白ワインをふっておき、小麦粉をまぶして仕上げにソースと合わせています
野菜は玉ねぎ、セロリ、人参を微塵切りに、冷凍していたゲソもあったので、一緒に使いました

エビのビスク風豆乳フィトチーネ献立
サラダも秋の味覚でテッパンの大好きな柿と生ハムのサラダ
白ワインを開けて頂きます
大盛りのパスタを「ウマいウマい」と勢い良く食べてくれるここち'sダーリンを見るのが好きです
先週くらいから急に朝晩の気温が肌寒く感じるようになり、ようやく季節が秋めいてきましたね
久しぶりのごはんネタは秋の味覚が出回り始めた9月下旬の平日ごはん

やっぱり秋の味覚の代表格サンマの塩焼きが食べたい
サンマとトウモロコシの天ぷら
頭の上がコブのように盛り上がったのが脂が乗っておいしいサンマなんだって
そして、背骨に沿って横へ切り目を入れると小骨が取れやすいとTVで言ってた

秋の味覚と共に夏にたくさん食べたトウモロコシはそろそろ終わりを告げます
サンマとトウモロコシの天ぷら2
今年はこれで最後のトウモロコシの天ぷらと秋はきのこで舞茸の天ぷらの副菜
他に簡単小鉢はオクラのねりゴマ味噌和え、カニカマ酢の物、玉子豆腐

サンマとトウモロコシの天ぷら3
優しい和食にビールと行きましょうかぁ~
シルバーウィークに台風16号と共に福井の旅を楽しんできたばかりでしたが、期末でお互い仕事が忙しく
特にここち'sダーリンはただでさえ忙しいところに加え、自分のせいではない問題やトラブルが重なり
心身ともにイライラMAXの爆発寸前

こりゃ~いかんと先週10/1(sat)当日の朝に思い立ち、旅館を予約し、午後から宮津に向けて出発
2016Oct宮津

15:00過ぎに旅館へ直行、宮津温泉高島屋さんは全7部屋の小さな旅館で畳敷きの良い香りのするお宿でした
1室だけの空室で取れたお部屋は6畳だけど畳がきれいで清潔にされていました
先ずは温泉で疲れを癒すべく浸かりに 小さいけど一番風呂でとても気持ち良く、美肌の湯でお肌しっとり

温泉で癒されたあとの楽しみ
2016Oct高島屋
宮津港で水揚げされた魚のお造り、キンキの煮付、サザエのつぼ焼き、フグのから揚げの他、地元お野菜の
付け合わせなどどれも優しい味で美味しく

2016Oct高島屋2
女将おススメの利き酒セットは赤米の伊根満開を食前酒としてお料理に合わせて時計の反対周りに
飲み進めていけるよう配慮されていて、とても楽しめました
何より、若女将、仲居さん、みんなが元気で明るく、会話も楽しく、ススメ上手
追加で利き酒セット3番目のお酒玉川本醸造生貯蔵と裏メニューフグの白子焼きとへしこを頂きました

〆の宮津産特Aこしひかりのごはんまでお腹いっぱい食べたあと夜の宮津をお散歩
2016Oct宮津2
昔この辺りは花街だったそうで、京都の先斗町と似た雰囲気の径が広がっていた

翌10/2(sun)の朝ごはんもとても美味しく頂き、朝から元気に働き、お客さんひとりひとりに声を掛けている
若女将と仲居さんたち、チェックアウトの際に近くの滝へ立ち寄ると言うと、滝に行くと手をつけたくなるのが
心情と宿のタオルを手渡してくれ、行き届いたおもてなしの心にうれしくなりました(≧▽≦)
小さな心のこもったお宿に大きな真心をもらい、疲れていた心が温かく癒されまた来たいねと宿を後に

お宿から車で7~8分で金引の滝へ行く駐車場に到着
2016Oct金引きの滝1
滝から流れてくる川沿いに奥へ上っていきます

途中、カラフルなトカゲがたくさんいたと思ったらそのトカゲを狙うヘビが!!
2016Oct金引きの滝蛇
他に卵がお腹にたくさん入っているカマキリもいて、ヘビもカマキリも久しぶりに見た

歩くこと5分くらいで
2016Oct金引きの滝2
青々とした苔が広がる川の向こうに滝が見えてきた

思っていたよりずっと圧巻な滝が目の前に
2016Oct金引きの滝3
金引の滝は日本の滝100選にも選ばれているそう

とても澄んだ水は冷たく、地元の中学生くらいの男の子2人が海パンで遊んでた
2016Oct金引きの滝4
高さ約40メートル、幅約20メートルの岩肌を数本に分かれて流れ落ち、向かって右側は「男滝」、
左側は「女滝」と呼ばれているそう

2016Oct金引きの滝5
水量も勢いよく流れ落ち、虹ができてます

ひんやりと澄みきった空気とマイナスイオンパワーでまたココロが癒された
2016Oct金引きの滝6
とぉ~っても素敵な場所でした

このあと、赤ちゃんの初土俵で有名な山王宮日吉神社に立寄り、お天気が良かったので
天橋立まで足を延ばすことに

天橋立ビューランドは天橋立を南側から一望できる展望所でここからの眺めは、龍が降臨する姿と言われるそう
2016Oct天橋立
対岸に左に見えるのが1月に行った傘松公園

傘松公園から見る天橋立は龍が天へ昇って行くように見えることから「昇龍観」でしたが
2016Oct天橋立2
こっちの股のぞきは天橋立が天に舞う龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれています

2016Oct天橋立3
飛龍観回廊がある

2016Oct天橋立4
冬には止まるリフトに乗って気持ち良かった

宮津を楽しんでお昼過ぎには帰路へ
2016Oct由良川橋梁
タイミングよく京都丹後鉄道の電車が由良川橋梁に差し掛かった

2016Oct由良川橋梁2
一両編成のかわいい電車でした

2016Oct由良川橋梁3
日本のこんな風景にも癒されて

ほっこり楽しい癒しの旅でしたが、この1週間も問題トラブル処理に追われてバテバテのダーリンでした



恐竜博物館と温泉三昧を楽しんだ翌日 9/20(tue)台風16号は九州四国から近畿へ上陸し北上していた

10:00過ぎ、あわら温泉を出る頃には雨が激しく降り始めて
2016sepあわらのヤギ
牧場の横を通っていると、ヤギさんも雨宿り??かわいいお尻がのぞいていた

日本海の三国海岸へ出ると大荒れ
2016sep三国海岸
越前松島水族館に立ち寄るのも止め、海岸線を南下することに

少し行ったところに三国海岸と赤い橋でつながっている雄島を車内から眺める
2016sep雄島
雄島は知る人ぞ知る心霊スポットとして有名
心霊特番TVでも取り上げられるほどで、自殺の名所として名高い名勝、東尋坊で身を投げた遺体が
この雄島に打ち上げられるのだそう

2016sep雄島2
台風で荒々しい波が打ち寄せるとより一層不気味な島に見えてしまう

2016sep雄島3
島の入口には鳥居があり、むやみに足を踏み入れるのを拒んでいるかのよう

きっと、この島を訪れることはないだろうと思いながらさらに海岸線を下る

越前海岸のどこか温泉宿にでも泊まろうかと言いながらも良さそうな宿を見つけられないままさらに南下
2016sep越前海岸
台風で天候は大雨警報が流れるほどひどくなってきた

温泉旅館を見つけられないままとうとう敦賀まで戻ってきてしまい、このまま大阪まで帰ろうかと迷った挙句
疲れたので敦賀駅前のビジネスホテルを取った。敦賀駅では台風の影響で電車が止まっていて足止めの
人達がたくさんいた

ホテルすぐ横の魚問屋さんが経営する居酒屋まるさん屋で乾杯
2016sepまるさん屋
ダーリン、あわら温泉では食べる事に精一杯だったからこの日はゆっくり飲みたかったみたい

豪華お刺身盛り合わせと福井名物、竹田の厚揚げ焼き、ととみそ
2016sepまるさん屋3
浜焼き鯖と味噌を合わせたととみそがメッチャおいしくて日本酒との相性が抜群!!
下のお店で売っていると聞き、買って帰ったよ^^これ万能で、そのままでも美味しいけどお茶漬けや
お野菜と和えたり、ポテサラやマカロニサラダにちょこっと加えてもオイシイ~

2016sepまるさん屋4
福井名物浜焼きさばは串に刺してサバを焼くのだ

2016sepまるさん屋2
黒龍、九頭龍、花垣、艶、福井の美味しい地酒をたんといただき、楽しい夕餉でした

翌日9/21(wed)は台風も過ぎて雨も止み敦賀観光をしました

氣比神宮(けひじんぐう)
2016sep気比神社
朱塗りの大鳥居は奈良の日吉大社、広島の厳島神社と並ぶ日本三大木造大鳥居の一つで重要文化財

2016sep気比神社2
拝殿は高貴で厳かな佇まい

2016sep気比神社3
回廊

2016sep気比神社4
絵馬堂

敦賀には織田信長が浅井朝倉連合と戦をし攻めた金ヶ崎城跡があり、戦国武将好きのダーリンは
行かずにはいられない
2016sep金ヶ崎城あと
小高い丘を登っていきます

2016sep金ヶ崎古戦場
古戦場跡に着いた時には汗だく

金ヶ崎城跡を下り敦賀湾へ出ると
2016sep敦賀赤れんが倉庫
赤レンガ倉庫

旧敦賀港駅舎は鉄道博物館になってます
2016sep旧敦賀港駅
かつてここから海路とシベリア鉄道を経由して最短でヨーロッパと日本を結ぶ欧亜国際連絡列車の発着駅だった
中には当時の時刻表などもあり興味深かった

鉄道博物館の人に第二次世界大戦中にリトアニアで6000人のユダヤ人を救った杉原千畝さんが
命のビザを発給し、そのユダヤ人難民の人達がたどり着いたのがこの敦賀湾だったと聞いた
その資料館がすぐ近くにあると教えてもらい、そこでも興味深い資料や映像を見ることができた

資料館の前はキレイな公園になっていた
2016sep敦賀港
ここからウラジオストックへと航海へ旅立ったのだ

長い歴史をずっと見守ってきた港
2016sep敦賀港2
さまざまなドラマに思いを巡らせると感慨深い

最後に敦賀名物ヨーロッパ軒のソースかつ丼で締める
2016sep敦賀ソースかつ丼
特大トンカツが3枚も乗ってました

2泊3日、キャンプできなかったけど、台風だったけど、それなりに充実した楽しい夏休みを過ごしました

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる