pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

オトナ女子旅 in 熊野古道は素敵な寄り道をしながら12:00過ぎころ目的地の熊野本宮大社に着いた
運転中は降り続けていた雨が、車を降りると不思議と止んでくれて傘を差さずに参道を歩けた

熊野本宮大社鳥居
熊野本宮大社は熊野三山(本宮・速玉・那智各大社)の中心、全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮です

熊野本宮大社狛犬
鳥居の横には6パック胸筋の狛犬が勇ましく迎えてくれる

158段の石段を上って拝殿へ向かいます
熊野本宮大社階段
気温は25℃くらいだけど湿度1000%で汗が止まらない

この先に御社殿があります(撮影禁止でした)
熊野本宮大社拝殿
兜をまとったような男性的でとても勇ましい社殿は悠々とした佇まいに圧倒される厳かな空気があった

熊野本宮大社八咫烏
熊野のシンボルともされる3本足の八咫烏(やたがらす)は日本神話において、神武天皇を熊野から
大和の橿原まで案内したとされており、導きの神として信仰されています。八咫烏の三本の足はそれぞれ
天・地・人を表し、神と自然と人が、同じ太陽から生まれた兄弟であることを示すとしているそう
ボールをゴールに導くようにとの願いが込められ、日本代表サッカー(JFA)のマークとしても有名です

熊野本宮大社八咫烏ポスト
社務所前には黒い八咫烏ポストがあります

熊野本宮大社階段2
158段の石段をまた降りて

熊野本宮大社大斎原
本殿から国道を渡ってあぜ道の向こうに日本一の大鳥居、旧社地大斎原(おおゆのはら)があります

熊野本宮大社大斎原2
鳥居には八咫烏のシンボルが

熊野本宮大社大斎原3
世界遺産の地

熊野本宮で1時間ちょっとを過ごし、お土産屋さんの方に熊野古道を少し歩きたいなら中辺路を戻る途中
道の駅があるからそこからだと熊野古道がすぐですよと教えてもらった

道の駅熊野古道中辺路で和歌山名物めはり寿司で腹ごしらえをし雨が降るなか熊野古道体験

熊野古道1
国道311から熊野古道はどこも20分くらいは歩き少し離れているのですが、道の駅からは道を渡ってすぐ

熊野古道2
古道は木々が豊かな山道で雨で雰囲気がより一層増してます

熊野古道3
昔の人達はひたすらこの道を歩き本宮大社を目指したのですね

熊野古道牛馬童子
古道を歩くこと20分ここは箸折峠(はしおりとうげ)の牛馬童子(ぎゅうばどうじ)
花山法皇の旅姿とも言われているそうです

熊野古道4
そばにはこんな木が

時間は15:00雨も本降りになりそうな感じでここで折返し、今回のオトナ女子旅は終了帰路へと向かいました

旅に出た時の雨はイヤだなと思いますが、熊野古道の旅は雨をもたらせてくれたおかげで雰囲気をかもし出し
その景色をより深い緑に覆い、あじさいを美しく演出してくれた旅となり◎でした(^。^)y-.。o○


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://purecocochi.blog15.fc2.com/tb.php/648-13a3bb4e

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる