pureここち

手作り石鹸の記録の他、旅・海・My home ここちイイことだぁ~い好き! 私“ここち”がお届けするpureここちなMy Life

雨と涼しい関東とは真逆で連日酷暑の大阪です

毎日こうジリジリ暑いとスパイシーなものをカラダが欲します
夏野菜のキーマカレーワンプレートランチ
そんな休日のランチは定番だけど美味しくてみんな大好きキーマカレー
ナス、ゴーヤ、カボチャのゴロゴロ夏野菜キーマと生野菜もたっぷりワンプレート

食欲をそそりますねぇ~ 食いしん坊のここち'sダーリンも大満足
夏野菜のキーマカレーワンプレートランチ2
栄養バランス、ボリューム共に◎のランチです

夏野菜のキーマカレー
ぶんぶんチョッパーでみじん切りにした玉ねぎ、人参、にんにくを味わい鍋に入れココナッツオイルで
炒め、玉ねぎが透き通ってきたら合挽きミンチを加え、ミンチの色が変わったら大きめの2cm角くらいに切った
ナス、ゴーヤ、カボチャを加えてさらに炒める。そこに唐辛子、コンソメ、ウスターソース、トマトケチャップ、
クミンパウダー、ターメリック、あればカイエンペッパー、醤油、ローリエを加え煮詰め塩コショウで味を調える
お皿にごはんとキーマカレーを盛り、サニーレタス、塩もみキュウリ、トマトの角切り、ブロッコリースプラウト
を添え半熟卵をのせていただきます。
お盆休みをいかがお過ごしでしょうか?

ここちは3連休に14,15月火2日間お休みを取って、ここち'sダーリンは16までお休みでお墓参り以外、
日月火と3日間ゴルフの打ちっぱなしと早朝ハーフラウンドと何となくゴルフ漬け??
なかなか上達できないここちの為にダーリンのスパルタ励ましレッスンとなりました

15日に西神戸で早朝ハーフをまわってゴルフ場を出てもまだ10:00過ぎ
ドライブがてら六甲山を抜けて帰ろうかって走りながら、六甲山ホテルで停まり
2017お盆六甲山ホテル
標高768mに位置し1929年に開業した歴史ある六甲山ホテルの旧館は趣きあるたたずまい

ここでダーリンがゴルフが上手くできなくてへこんでたここちにランチをご馳走してくれるって
2017お盆六甲山ホテルランチ1
The Grillは展望テラスのBBQハウスで六甲山から大阪湾を望めます

2017お盆六甲山ホテルランチ2
眼下には六甲アイランドとポートピア、左手奥には大阪市内から堺市内、右手奥は関空から和歌山まで
紀伊半島が一望できる絶景^^上から見ると神戸空港と関空のナント近いコト!?

2017お盆六甲山ホテルランチ3
景色を楽しみながらお肉を陶板で焼くスタイルのBBQを美味しくいただき満腹でした



毎日蒸し暑いですが、夏は花火やお祭り、浴衣に風鈴、蚊取り線香に金魚すくい、かき氷に縁側でスイカ、
お墓参りに虫かご、日本ならではの風景を楽しむのもいいですね

みなさまお盆をゆっくりお過ごしでしょうか? 夏バテ気味の方に涼を誘うここちDining
あっさりしたものが食べたいときのお昼ごはんはこれで決まり
すだちそうめん
すだちそうめんと薬味やちょこっとおかずで栄養バランスもしっかり採ります
献立は
すだちそうめん
出汁巻き
じゃこ天
オクラ
白菜とキュウリのキムチ
ナスのゴマ油炒め生姜醤油
ミョウガ

すだちそうめん2
いつも素麺つゆは手作りしているここち、しっかり出汁を効かせたくてこの日は水400mlに千代の一番だし
2袋で出汁を取り、お酒大さじ1、みりん大さじ1、お醤油大さじ1.5~2くらいで味を調整し、これに氷を加え
600mlくらいにして冷蔵庫で冷やしてから、器に茹でたそうめんを入れつゆを加え氷とすだちのスライスを
浮かべました

そうめん好きのここち'sダーリンはこれを見て「わぁ~ 料亭のごはんみたい」と大喜び
「美味い!!上品で優しい味~」 とつゆまで残らず飲み干していました
ジップロックでしっとり美味しいシンガポールチキンレシピが定着したここち's Diningですが
味わい鍋に入れたまま放ったらかしで出来上がる簡単で夏に持って来いのメニューです
シンガポールチキンジンジャーレモンたれ献立
今回は夏らしいレモンジンジャーたれにをつけてサニーレタスに巻いて食べてみました
トッピングはキュウリとパクチーをお好みで

シンガポールチキンジンジャーレモンたれ
シンガポールチキン ジンジャーレモンたれ
鶏もも肉2枚の余分な脂身を包丁で取除き、分厚い身の部分は削いで厚みを調え塩コショウし
ジップロックに入れ、お酒、紹興酒(無くてもよい)、ショウガスライス2~3枚、白ネギの青い部分
を加え空気を抜く。味わい鍋に湯を沸かし、沸騰したらジップロックごと鶏肉を入れ湯せんにかける。
弱火で再び鍋底がフツフツとしてきてから火を止め、蓋をしてから30~40分おきます。
チキンを食べやすい大きさに切り、キュウリとパクチーと共にお皿に盛る
レモン果汁、中華ダシ、オイスターソース、ナンプラー、ハチミツ、砂糖、米油(無ければサラダ油)、
ゴマ油、白ネギのみじん切りを合わせジンジャーレモンたれを作り、チキンに添える

シンガポールチキンジンジャーレモンたれ献立2
ここち'sダーリンからまた食べたいとリクエストがあった海老シソそうめん揚げはスタンダードに
スイートチリとレモン果汁、ナンプラーを合わせたソースをかけていただきます

シンガポールチキンジンジャーレモンたれ2
さっぱりとしたジンジャーレモンたれがめっちゃオイシイ~ パクチーたっぷりでどうぞ

シンガポールチキンジンジャーレモンたれ献立パイ中
取引先の中国の方にもらった高級白酒(パイチュウ)、アルコール度数52°クセもあるため
ずっと飲まずに置いておいたのですが、このお料理にはピッタリきました!


6月アリーカフェがことりっぷに掲載されたお知らせをしたところですが、大人気のアリーカフェ、
実はそのすぐ後にTV取材も受けていたのです

地元の神奈川テレビだったため、オンタイムで観ることはできなかったのですが、オンエアの模様が
やっと動画で観られるようになりました♪♪♪
大親友はっちゃんが元気満点で切り盛りしている様子を是非ご覧くださいませ~
デビット伊東がここちも大好きなキッシュを大絶賛していますよ


22分16秒くらいからアリーカフェです

番組ホームページでも取材の様子を紹介していますのでこちらもどうぞ

そして週末久しぶりにここちsoap達をアリーカフェに出荷したので、こちらもよろしくお願いしま~す
2017夏アリーカフェ出荷石鹸
ここち's Dining 夏のウマウマごはん どしどしお届けしますよ~

暑さに負けないスタミナ料理といえばこれ 夏限定の生姜焼きです
新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き献立
旬の食材をふんだんに使った栄養満点のごはんをモリモリいただきます
この日の献立は
新ショウガとオクラの豚ロール生姜焼き 空心菜と茄子のソテー添え
カツオのたたき薬味サラダ
デリ風ごぼうサラダ
おぼろ豆腐
冷っやこいビール

新ショウガの季節には組合せを代えて以前はセロリで作ったものをご紹介してます
今回は生姜焼きでしっかりした味付けにしてみました

作り方を画像といっしょに
新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き1
薄切り豚ロース肉に軽く塩コショウして大葉、千切りの新ショウガ、オクラをのせクルクル

新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き2
これに小麦粉をまんべんなくまぶして焼きます

ナスと空心菜のソテー
お肉を焼く前に茄子を塩コショウだけでソテーし、空心菜はニンニクと唐辛子でソテーしナンプラーで
味付けしてお皿に盛っておきます

新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き3
豚ロールをフライパンで焼き、お酒をふりかけ焼き色がついたら醤油、砂糖、ハチミツ、出汁を合わせて
まわしかけ、仕上げの最後に新生姜のすりおろしとお酢を加えてよく絡めます

新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き4
お皿に盛りつけて出来上がり

カツオのたたき薬味サラダ2017夏
カツオのたたき薬味サラダは豚ロールで余ったオクラも加え、玉ねぎスライス、トマトたっぷりの生野菜と
カツオにニンニクスライス、ミョウガ、大葉の微塵切りをのせて、オリーブオイル、レモン果汁、醤油、
塩コショウを合わせたドレッシングで

デリ風ごぼうのサラダ
デリ風ごぼうサラダは、スライスしたごぼうと人参に少量の酒、出汁、醤油、酢をかけてレンジで2分半チン
冷ましてからヨーグルト、マヨネーズ、レモン果汁、ハチミツ、塩コショウ、すりゴマで味を調え盛り付け
ブロッコリースプラウトを添える

新生姜とオクラの豚ロール生姜焼き献立2
ビールもススム、生姜で食欲をそそりガッツリだけど、お野菜もたっぷり摂れて大満足のウマウマごはんでした






2017丹後の収穫祭で食べきれなかったサザエの白ワイン蒸しを

翌日ごはんと共に味わい鍋
サザエのガーリックライス1
炒めてガーリックライスを作りました

サザエのガーリックライス2
食べやすく刻んだサザエをバターでソテーし取出し、米油をひきキャベツの微塵切りとごはんを
ガーリックで炒め、サザエを戻し入れしっかりソテーしたら、塩コショウ、仕上げに醤油をひと回しで
味付けしてます

サザエのガーリックライス3
香ばしいサザエのガーリックライスの出来上がり

この日はスーパーで国産和牛ステーキもも肉がお得価格で300g弱でナント!1000円弱!!
サザエのガーリックライスto
ステーキにはガーリックライスでしょ~
という事で、前日に残ったサザエの冷製ジェノベーゼパスタといろいろ野菜のラタトゥイユ添え
北あかりと枝豆のポテサラ、赤ワインでサザエを満喫(^。^)y-.。o○


7月最終の週末、今年も丹後半島へ行ってきました 7:00amごろのんびり出発福知山から一般道で

天気予報はくもりで真っ青な空ではなかったけど
2017丹後半島1
この大好きな風景を眺めるだけで清々しい気持ちになれる至福のひと時

2017丹後半島2
若干の風と波のうねりがあるかな

2017丹後半島3
今年はいーちゃんとスケジュールが合わず、久しぶりに夫婦二人でのビーチ

シュノーケルポイントでは水面はけっこうチョッピーで波のうねりが岩場にぶつかり白い泡だらけだったけど
今年は早くから猛暑だったため水温が高くて泳ぎやすく、魚影もカワイイ熱帯魚もたくさんいた
ふたりだとあっさりしたもので、ガッツリ素潜りを楽しんで満足したら、15:00前には温泉へ
いつも温泉と併設の地元新鮮野菜を買って帰ります

今回初めて京都縦貫道を通って瑞穂ICから173号線で帰ったら思いの外早くて自宅まで最短距離
渋滞もほとんどなく2時間半で帰宅

帰ってさっそくビールとサザエをつぼルことに
2017サザエ壺焼き
パパッと作ったトマトと玉ねぎ豆苗のナムルサラダ、焼きしし唐の新生姜のせといっしょにカンパイ

2017サザエ壺焼き2
お醤油を少し加えただけのつぼ焼きウマウマです

翌日もお昼につぼ焼きを楽しんで、その他はいちばん大きいサザエ5個をお刺身用に取っておき、
中サイズは白ワイン蒸し、小サイズは茹でて酒醤油みりん砂糖で薄めに味を付けて殻から出し
ワタ部分を取り除いて身と肝を取り分けおきます

そして2017サザエ尽くしの夕餉はこちら
2017丹後の収穫サザエ三昧
サザエのお刺身
サザエのエスカルゴ風
サザエのフリット
サザエの冷製カッペリーニジェノベーゼソース
焼き茄子とオクラの根菜サラダ

冷製ジェノベーゼは2013にも作ってましたが今回よりシンプルに
2017サザエの冷製ジェノベーゼ
丹後の生バジルで自家製ジェノベーゼソースを作って、小サイズの味付サザエとカッペリーニで和え

2017サザエの冷製ジェノベーゼ2
サザエの冷製ジェノベーゼソース
サザエ、茹でて氷水で締めたカッペリーニをボールに入れ、自家製バジルソース(生バジル、オリーブオイル、
松の実、ニンニク、塩をペースト状にしたもの)、レモン果汁、白ワインビネガー、粉チーズと和えお皿に盛り
塩、レモン果汁、バルサミコ酢でマリネした完熟トマトをのせる

2017サザエの刺身
何があっても外せない、サザエのお刺身はここち'sダーリン作 大葉を買い忘れました・・

2017サザエのエスカルゴ風
サザエのエスカルゴ風
バターにニンニクと玉ねぎの微塵切り、乾燥パセリ、パン粉を混ぜ合わせエスカルゴバターを作る
味付サザエの身を半分に切り、肝といっしょにサザエの殻に入れ、エスカルゴバターをのせ
オーブントースターで焼きます

2017サザエのフリット
サザエのフリッター
小麦粉100g、片栗粉大さじ1、ベーキングパウダー小さじ1、塩をボールに入れ混ぜ、溶き卵1個と
サザエを蒸した白ワインのソースを加え混ぜ、そこに炭酸水を様子を見ながら加えてモッタリした
衣を作り、サザエの身と肝をセットで衣にくぐらせ180℃の油で揚げる

お野菜もすべて丹後の恵みを堪能し、今年も美味しい夕餉となりました

毎日蒸し暑いですねぇ~夏の美味しいネタ おうちDiningが紹介できないまま溜まってきてます
全部紹介できるかどうか不安ですが、とりあえず今日はこちらのウマウマネタのご紹介

阪急のデパ地下は普段あまりよいパクチーが売ってないのにこの日はこんな立派でたくさんのパクチーが
しかも!!安価で並んでいてこれは買わなければっ!っと思わず買い物かごへ^^
フレッシュパクチー
パクチーって袋から出した途端あっという間にシナッとして鮮度が命
という事で、一度にこれ全部使っちゃいます

でこのムシムシ季節にぜったい食べたい餃子でアレンジ
パクチー餃子タネ
いつもは豚ミンチにたっぷりの白菜とニラを使いますが、パクチーをたっぷり刻んで、豚ミンチと
さっとレンジでチンしたモヤシを刻んで、同じくレンチンしたレンコンの粗みじん切りを合わせて混ぜ混ぜ

調味料はわが家の絶品餃子と同じ
パクチー餃子
タネ担当ここちと焼き担当のダーリンの合作絶品パクチー餃子の出来上がりぃ~
タレはパクチー餃子なだけに、タイの定番スイートチリにレモン果汁、ナンプラーを加え、刻んだ生パクチー

パクチー餃子3
ダーリンの焼き、美しい~

パクチー餃子2
豚の肉汁とこれでもかっ!!というくらい加えたパクチーの風味が口の中に広がりウマウマ~

これぞ、暑い夏のスタミナ料理 ビールに合うことこの上ない至福の夕餉と相成りました


1日で3つの滝を楽しんだ翌日、小代(おじろ)にあるもうひとつの滝、吉滝へと向かう

実は朝起きたら前日の過酷な滝への道のりで太もも前とふくらはぎがひどい筋肉痛になってしまっていたここち
吉滝への道
吉滝への道はアップダウンがあまりなく、なだらかな道で助かった
木々や葉の深緑が気持ちイイ

吉滝入口
歩き出して10分くらい、ほどなく滝の入口に着いた

吉滝
吉滝は上段23m、下段5mの滝で兵庫県指定の天然記念物だそう

吉滝2
滝の裏側に小さな神社があり滝を裏から見られる裏見の滝と呼ばれる珍しい滝

吉滝3
洞窟の上、高い場所から滝が流れ落ちてます

吉滝4
水量は多くなく、滝が細く落ちてくる

吉滝5
アクションカメラのシャッターを切る

吉滝6
広角4Kで撮ってみた

吉滝7
1眼レフで撮ってみた

マイナスイオンたっぷりの滝をめぐり涼を満喫できたここち夫婦です

小代放牧
吉滝から少し戻ったところに池があり、その向うの丘には但馬牛が放牧され、のどかな風景が広がる

ここ小代地区は「日本で最も美しい村」連合に加盟認定されていて、至る所に広がる棚田が美しい

小代の棚田は地すべりでできた緩斜面を利用している
うへ山の棚田
ここ、うへ山(貫田)の棚田は日本の棚田百選にも選ばれていてとても美しい日本の風景

うへ山の棚田2
青々とした稲が日本らしく、昨夜頂いたお米も本当に美味しかった

緑の棚田が広がる小代の風景
ミカタスノーパーク
ミカタスノーパークで夏は放牧をしているとあったのですが牛は見当たらず・・・

涼を楽しむ滝めぐりとのどかな日本の風景に癒された旅となりました

帰りは知らなかった無料の北近畿豊岡自動車道を通って丹波の春日まで行き、助七旅館で温泉に浸かり
そこから初めて通った抜け道の一般道の景色がまた美しく楽しい道中を帰路へ着いたのでした

ここち

Author:ここち
大阪在住
2006年から中古マンションをリノベーションして暮らし始め
無添加天然素材の手作り石鹸生活&お酒と美味しいモノが
大好きな夫婦共働きのふたり暮らし

旧サイトはこちら
http://purecocochi.de-blog.jp/coco/

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる